FC2ブログ

【処分の先送りは、快適な生活の先送り】

2018.10.04.Thu
少し前に、年の数だけ食器を処分した話
書きましたが、処分したのは食器だけではありません。

キッチン全般見直しました。
↓こちらもその一環でした。
子供が将来使うかも?…「物の要不要」は使う予定の本人に聞いて決める

今日はまた別のカテゴリーで「コースター」のお話。

娘(小3)がまだ小さい時は、布のコースターを
だいぶ処分して、一時期使っていなかったのですが、
少し大きくなってから布製も復活。

収納場所はこちら

この収納場所の記事を書いたのは
4年以上前ですが、5~6年変わらず。
今回のオーブンレンジ新調のための
大移動で場所が変わりました。


ここからは、処分の話。

まずは、食器の時と同じように
目にする度に「これいるかなぁ…?」と
無意識的によぎっていただろう物が選ばれました。

コースターいらない

コースターを使おうとした時、残したい(取っておきたい)と思ったコースターの方を選ぶため、あまり使われていなかったモノたち。


そして、10日後…


やっぱり、これもいいやー。(要らない)


コースターあり過ぎ

と、9枚(処分に)追加。

こちらは、好きだけど出番があまりないと感じていたモノたち。
(最近は収納スペース内でしか見てなかった。コレクション!?)


その数時間後…


惜しくなってきた。


処分したコースター

3枚取り消す。


さらに、3日後…。


でも、よーくよーく考えたら、
やっぱり残した方を使うよね。
この湯呑の時はこれだし、
このグラスの時はこれだし。

だって、こっちの方(残したいと思った方)が似合うし。

確かにこれは、買ってきたプリン乗せるのも
ありだけど、それだったら、こっちのお皿使うよね?
こっちの方がステキだもんね。
(…独り言)


コースターあり過ぎ

結局、二番目の写真に戻った。


計16枚。

そのうちの6枚…10日間の処分の先送り。
残りの3枚…2週間の処分の先送り。

これくらい、まだまだかわいい方。


処分しないと決めた後、
その物を使わずに、手にすることも
目にすることも無いまま、数か月、数年。

でも結局…捨てた。


なんてことは、数年前の私にはよくあった。
あぁやっちゃった。処分の先送り…と思ってた。
今回もちょっと思った。笑


処分を決めるには「納得感」が大事という。
「でも…」「もったいない…」
そう思っている間は捨てない方がいい。
それを捨てない生活の方が大事だと思っているうちは…。
もちろん、自分にとってのタイミングもあり、折り合いをつける時間も必要だしね。
(今回の後半3日間がそれにあたります。)

そしてその後悔が、リバウンド(もう捨てない!)につながる人もきっといるから。
でもこれは、自分はそういう人だろうか?ということも考えてもいいかもしれない。

私も捨てて後悔したことがあります。
これまでの人生、何度かあります。
でも、何だったか今はもう思い出せないし、
自分の生活が脅かされるようなことはなかった。
使っていない物が家の中にたくさんあった方が私の生活はきっと困る。


納得するには、その物がどういう状態になったら手放せるのか?
そして、その状態(納得して処分できる状態※)に自分はしてあげられるのか?

その状態になるまで、今と変わらない生活を送りたいのか?
そういったことまで考えてあげた方がいい。
自分のためにも物のためにも。

※例えば、使い切る、とかね。


『処分の先送りは、
快適な生活の先送り』



時折、私が呪文のようにつぶやく言葉。
よろしければご一緒に。笑




私(森麻紀)へのお問い合わせはこちら


フォロー・シェア歓迎いたします
※ブログ読者様も遠慮なく友達申請してください♪
(一言メッセージを添えてお願いします。間違い申請かと思い、承認しかねますのでご了承ください)


インスタ バナーinstagram

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示