FC2ブログ

進撃の巨人から思う「大震災」のこと

2018.07.07.Sat
先日、テレビで劇場版・進撃の巨人を見ました。
『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』



進撃の巨人

話の内容はざっくり知っていましたが、
巨人の見た目がグロイことを忘れて
娘(小3)と見ようとしたら、始まってすぐに出てきた
巨人の見た目が怖すぎて、娘、半泣き(^^;

結果、ひとりで見ました。
そういえば、残酷過ぎでした。
一緒に見なくて本当によかった!!
(でも私は後編も見ます。笑)

説明が難しいので、話の内容は割愛しますが…ゴメンナサイ。あらすじは検索してください(^^;


私が今日のブログを書こうと思ったきっかけになったやりとりはこちら。


主人公のエレンが、酔っぱらって過ごしている兵士に向かって…

エ 「そんなんで、いざっていう時に戦えるの?」

兵 「いざっていう時ってなんだ?」

エ 「やつら(※)が壁を壊して町に入ってきた時だよ!」

兵 「やつらが壁を壊すことがあったら、そりゃしっかりやるよ。しかしな、そんなこと100年間で1度もないんだぜ」

エ 「でも、そうやって1番安心している時が1番危ないんじゃないのかよ!」


※塀(壁)の外にいる巨人のこと



そして、エレンの幼馴染のアルミンの言葉。

「100年壁が壊されなかったといって、今日壊されない保障なんか、どこにもないのに…」



この後すぐ、巨人に(絶対大丈夫と言われていた)50mの壁を壊され、侵入されます。

…その日、人類は思い出した。やつらに支配されていた恐怖を、鳥かごの中にとらわれていた屈辱を…



このシーンを見て、30年以内の発生確率 70% - 80%の「南海トラフ巨大地震」のことを思いました。もちろん「首都圏直下型地震」のこともです。


これはアニメですが、地震は現実に起こりうること!



先日の大阪府北部地震の影響で、
お客様から地震対策のご要望が増えました。
(正確にはプラスアルファされた)

それは、大人だけでなく、子供たちも不安を感じているようです。

「中学生の息子が、ベッドの近くにタンスがあるのが怖いと言い出しました」
(普通に倒れてもぶつからない距離ですが、飛ぶまでいかなくても動く可能性はあるので確かに危ない…)

「娘(小5)に自分の部屋にある本棚を別の部屋に移動して欲しいと言われました」
(そのために、娘さんはがんばって物を減らしました!)

まずは、ひとつずつ不安を取り除くことから始めてみませんか?


今回新たに『地震対策』カテゴリを増やし、点在していた記事をまとめました。
よろしければ参考にしてください。


現在、新規の片づけサポートの募集を休止していますが、9月~ご対応可能です。お問い合わせはいつでもどうぞ(^^)♪

私(森麻紀)へのお問い合わせはこちら


フォロー・シェア歓迎いたします
※ブログ読者様も遠慮なく友達申請してください♪
(一言メッセージを添えてお願いします。間違い申請かと思い、承認しかねますのでご了承ください)


インスタ バナーinstagram

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


関連記事
コメント

管理者のみに表示