【大人仕様 ・ 子供仕様のリビング】

2015.10.14.Wed
最近のおもちゃ収納。
(左側の棚にも入っています)

おもちゃの収納

子供の取り出しやすさ最優先で、
ずっとオープン収納にしていました。

でも、幼稚園へ行くようになり、
大人時間が増えるにつれ、
気になる丸見えのおもちゃ収納。


・隠す収納に(目隠し)したいけれども、普段の使い勝手をジャマしたくない。

・お友達が来た時や、週末はオープンなまま使わせてあげたい。

・目隠しは、取り外し可能で容易、取り外した際の置き場所がある。

・賃貸住宅の原状回復できる。


子供にとっても大人にとっても良い
方法はないか?
と、(娘が)成長
するのを待ちながらずっと考えていました。


娘が年長さんになった今春、目隠しを決行。

リビングの収納

これが、我が家の最善策。

ダイソーの伸縮のれん棒(フック付き)を使いました。

おもちゃ 目隠し収納

フックの両面テープの下には、養生テープを張っています。

棚の中のモノを取り出す時、
とても簡単に開け閉めできるので
娘のストレスにはなっていないようです(^^)

すっきりリビング

この目隠しのれん…
実は、裁縫が得意な幼稚園の
ママ友に縫ってもらいました。笑

得意じゃないのに、細かい縫製が
気になって何度もやり直してしまい、
ただただ疲れてしまうだけなので、

ミシンやめました。

…4年くらい前のことです。
ミシン処分しました。
いざとなったら借ります。(借りました)

理想だけでなく、自分を知り、
自分にちょうどいい暮らし方を
選んだ
結果の「やめる」選択です。



現在の私の裁縫はこの程度↓
<参考記事>幼稚園のコップ袋とランチョンマットは超なんちゃってハンドメイド


ちなみに、以前記事にした絵本の収納も大人仕様を(も)考えてのことです。



各家庭の最善策、一緒に考えます(^^)

【11月以降】お片付けモニター・個別カウンセリング受付中

(日程に関しては、11月以降でご希望日を記入の上、お問い合わせをお願い致します)



★ランキングに参加しています★
画像をクリックして頂けると更新の励みになります!(安全なサイトが開きます)
ロイズアイス

ロイズのアイスは宅配生協にて購入。

夏はアイスの季節だけど、
冬は冬でアイスの季節だと思う。


こちらも押して頂けるとさらに嬉しいです♪
(安全なサイトが開きます)



フォロー・いいね歓迎いたします!



最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
いつも読ませて頂いています。

やっぱり隠すとスッキリしますね。お互いストレスがないというところが素晴らしいです。

今回の記事とは関係ないのですが、考え方にいつも感銘しているので、アドバイスを頂きたくて、、。

わが家も、主人が海外赴任になることになりました。来年入学の、娘がいます。(同い年ですね♪)
帯同せずに、単身赴任を選ばれたポイントは何でしょうか?
ちなみに、うちの主人は中米赴任になり、治安が良くない所です。
私は覚悟を決めて行こうと思っているのですが、娘は嫌がって泣いています。でも、パパ大好きなので、揺れている様です。

アドバイスを頂ければ嬉しいです。
>ぽぽさんへ
ぽぽさん、はじめまして(^^)
コメントありがとうございます。

いつも読んでくださっているとのこと、嬉しく思います。
スッキリ大人空間になり、以前以上に昼も夜も気持ちよく過ごせています(^^)

年長さんの娘さんがいらっしゃるとのこと。一緒ですね♪
ウチはアジアですが、治安がさほどよろしくないこと、
そしてなにより主人が気にしていたのは『空気の悪さ』でしたので
彼も私も子供をその環境で育てたくないという意見が一致していました。
(私自身も環境的に無理だろうと彼に言われました…笑)

ちなみにウチの場合は、幼稚園に入る直前の12月からでした。
(来年の4月に戻ります)

ここからは、単身赴任になった我が家のお話ですが…

単身赴任が決まった時にネットでいろいろ調べたところ、
「母親が父親の存在を忘れさせないようにすることが大事だ」
という結論にたどりつきました。

そのため、娘が何か作った時などには
「パパが帰ってきたら、見せてあげようね~」
「今度、パパと一緒に作ろうね~」
といった具合に、父親の存在を身近なままいさせるよう
気をつけていました。

ただ、我が家の場合、結果的に1~2ヶ月に1回は一時帰国する
という状況(1度だけ3ヶ月空いたこともありましたが…)でしたので、
一般的な海外単身赴任の方とは状況が違うかもしれません。
(よく「海外だとやっぱり半年に1回くらいの帰国なの?」と聞かれます)


周りの海外赴任の話でたまに聞くのが、半年~1年くらいご主人が先に
赴任して、生活や環境の様子次第でご家族も連れていくというお話。
この場合は、基本的に『遅れて付いて行く』前提の方が多く、
できるだけ環境の良い場所をご主人に探してもらっているようでした。
そして、その間に旅行という感覚で会いに行き、お子さんにもその土地に
慣れてもらう考えもあったようです。


アドバイスだなんて恐れ多くて書けませんが、
何か参考になりましたら幸いです。

ご家族にとって最善の策がみつかるといいですね。
本当に心から心から願っています!!
No title
まきさん、ありがとうございます。

中米の赴任先も、大気汚染がひどいらしく、、。
成る程、治安も大事ですが、健康環境も大事ですね。

うちの場合だと、1年に1回しか帰国させてもらえないらしく、、。2~3か月に一度なら、わが家も単身でお願いしたいです(笑)

やはり、パパの存在を忘れさせない努力、さすがと思いました。

うちの場合も、行くとしたら、半年遅れぐらいになりそうです。
すごく参考になる例も、ありがとうございました。一度、旅行で行きます!

ありがとうございました。
これからも、記事を楽しみにしています。
>ぽぽさんへ
こんばんは。
参考になったとのこと、ホッとしました。
本当に良かったです(^^)

片付けだけでなく、子育ての記事もまた書いていきますので、こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。
時々、このブログにおじゃましてマッキーさんをつかまえてお喋りしている者です。
コメント欄に気づき、読ませてもらいました。
時々あるテレビ番組『世界で働く日本のおとうさん』を思い出しました。(涙)
横から失礼とは存じますが、ご無事とご家庭に一番よい道がもたらされることを祈らせてください。
幼稚園のお子さんがはっきりイヤと意思表示するのはなぜなんでしょうね?
お友だちと離れたくないのかしら? 環境が変わるらしいことへ 幼いながらの怖れかしら?
マッキーさんのご家庭では入れ替わりのようにご帰国、なのですね。
よくがんばられましたね。
それが読者の方へよいヒントとなり励ましとなりますね♪
こういうとき、ネットってすばらしい、としみじみ思います。

私の成長過程(大学卒業まで)で、父はほぼ単身赴任していました。「父帰る」は月1回だったり年数回だったりでした。長距離電話はとても高かったから電話すらめったにしませんでした…寡黙な昭和ひとケタ世代だし(苦笑)
今はスカイプもLINEもありますもんね、その点はとてもいい時代だわ。
単身赴任に限らず (めったに会えないくらいの)激務のおとうさんの場合もですが、
仰る通りおかあさんがおとうさんの存在を感じさせることが大切だと思います。
それから、会話や心の中だけでなく、物理的にも家の中におとうさんの “居場所” を作っておくことも!です。
それは、冷蔵庫のスペースだったり、常備された好物だったり、椅子など定位置だったり、衣類の風通しだったり。
“陰膳” というのは、すばらしい風習だったのだなーと思います。
そして、お子さんにおとうさんが想ってくれていることを感じさせ、わからせることも肝要です。
以上、筋金入りの単身赴任家庭育ちとして、苦い思いも含めて思ったことでした。

海外駐在経験のある知人から
小学校低学年くらいまでの小さいお子さんはスンナリとけこんだけれど、
中学生くらいの上のお子さんが、差別に遭ったりいじめられたりで苦労した
というのを3例聞きました。
一つは本人のガッツで自分を受け入れさせ居場所を作り、一つは耐え忍んでやり過ごして帰国を待ちわび、一つはそこで打ちのめされ不登校になり帰国後も立ち直れないまま引きこもりになった
という事例でした。
ただでさえ難しい思春期に、異文化との大きな壁にぶち当たったんですね。
それぞれの結果には、もちろん本人の性質もありますが、
親御さんがどれだけしっかり向き合い熟慮し対処できたかも大きかったと思います。
親も異文化の中で必死なんだけれど、お子さんの様子はしっかり見て適切なフォローをすることが欠かせないのでしょうね。
なんといっても 子どもなんですもの。
ともあれ、対処しようとするとき、こうしてネットで調べたり、経験者の情報を得たり、相談を投げかけたりでき、それらを読んだ上で ご家庭に合わせたやり方を検討できるのは、たのもしいことですね。


No title
もし…という仮定で娘に聞いてみました。

まず、旅行で行くのもイヤだ、と。
理由は(予防接種してから行かないといけないことを知っているので)
「注射コワイからイヤだ」と。笑

引っ越しの場合だと…?
やはり「行きたいんだけど、お友達と離れるのがイヤだ」とのことでした。
あと、自分が通うことになる小学校(の名前に?)にすでに愛着があるらしく、
「○○小学校へ行けないのがイヤだ」とも言っていました。

ぽぽさんのお子さんもそういった理由(もちろん後者のお友達・学校の方です。笑)なのかな~と勝手に想像しております。

#93さん、最初の一行に笑わせて頂きました(^^)
 単身赴任家庭育ちのお話ありがとうございます。
ありがとうございます(^o^)/
マッキーさん
お心遣いありがとうございます。
本文中に私信まで入れてくださっているのを見て焦ってますf^_^;)
ご心配なさらないでね。
読んでいただけたらそれもよし♪
読まずに通り過ぎていただくのもまたよし♪
というのが本人の気持ちでしたが
却ってお二人の負担になったかもと反省しました>_<
マッキーさんのお人柄を考えるにつけ…反省しきり。
不作法だったのかもしれませんσ(^_^;)
“お客さん” 同士なのに、いきなり声をかけたようなものですもんね。魚屋さんの店先のごとく(笑)
お二人とも、ご心配ご無用ですよ(^o^)/
>93さんへ
実は私も…余計なお節介かしら!?と思いつつも、書いた私信でした。
赴任準備でお忙しくなるであろうぽぽさんがいつご覧になるかもわからないのに。。

場合によっては良し悪しあるかもしれませんが、横レスはネットの良い面でもあると私は思ってます(^^)
No title
すみません、携帯からだと何故かupできず、遅くなりました。
もし同じ内容を何度も送ってしまっていたら、
すみませんが削除して下さい(><)

まきさん、933さん、本当にありがとうございます。

私信まで入れて頂いて、感動しました。

933さんの、3例目、一番心配しているところです。
幼いので、馴染んでくれるかな、とも期待しているのですが、戻ってきてから、勉強面で付いていけるかな、など心配しています。

うちのムスメも、まさに同じ理由でした。
お友達と一緒に通いたい、そしてすでに通う小学校に愛着があり、、。

まずは、春休みに、赴任先に旅行に行ってみて、また主人が現地の状況を見てから、決めようということになりました。

まきさん、933さん、本当に嬉しかったです。
どうもありがとうございました。

>ぽぽさんへ
こんにちは。
ブログ、読んでくださって(気付いて頂けてよかったー)ありがとうございます(^^)
(コメント、1件だけでしたよ~)

大人のことは置いておいて…子供ウケする旅行で、赴任先を気に入ってもらえるといいですね!

管理者のみに表示