「おむつの収納」と黒いクリスマスツリー

2013.12.08.Sun
娘4歳、寝る時はまだおむつをしています。
寝る前にトイレへ行っても、朝起きておむつが濡れていることがたまにあり、
まだ身体の成長が追いついていないようなので、日々様子見状態です。
おねしょがなくなるために必要なのは、十分な「抗利尿ホルモン」の分泌と膀胱の容量だそうです)

おむつは、リビングの引き出しチェストの最上段に入れています。
(右上にあるスイッチプレートのすぐ横がリビングのドア)
お風呂から出てきて、娘は最初にこの引き出しを開けておむつを履きます。

残り1枚になると

「ママー!最後の1枚になったー!」

と、教えてくれます。(「残り1枚になったら教えてね」と言ってあります)
おむつのストックは廊下に半間ほどの収納庫があるのでそちらに入れています。

おむつの収納

他に、車用の手口ふきのストックと外出時にも持って行く清浄綿、
そして、お風呂上りに使う保湿剤や塗り薬を一緒に入れています。

おむつの収納

    

以前はパンパース(新生児時代はグーン)を使っていましたが、
ビッグサイズはムーニーマンの方がウエストがきつくないようです。(娘談)

清浄綿は母乳時代からお世話になり、今も引き続き愛用中。
こびりついた目ヤニや、2歳頃の時間が経ってしまった鼻水(こちらが気付かぬ間に
子供が頬にのばしてしまった場合等)を拭きとる時に使ったりしていました。
水分が多めなので、スッと拭きとれます。(目ヤニは今もです)

外出時の手口ふきとしてもコンパクトサイズなので重宝しています。
彼も海外出張の時に持って行くこともあるので、我が家にはまだまだかかせないアイテムです。


ベビーベッド(レンタル)を使っていた時期はこの白いチェストの場所にベッドが置いてありました。
そして、今の娘の書斎スペースに蓋付きのカゴを置き、その中におむつのストックを入れ、
上にカゴを置いて、おむつとおしりふきを入れ、すぐ取れるようにしていました。

おむつの収納 生後7ヶ月 おしりふきケースで遊ぶ

我が家のクリスマスツリーは15年くらい前に買ったアイアン製。
丸い所に専用グラスをはめて、キャンドルを灯せます。(キャンドルはイブの夜だけにしています)

以前は毎年飾りを変えて楽しんでいたのですが、生活スタイルも考え方も変わり、この3年間はずっと同じ。
しかも、飾りを付けたまま収納しています。おかげで気軽に出せるようになりました。

おむつの収納

10月に生まれて、最初のクリスマスはベビーベッドの横にこのオーナメントを付けていました。
(当時は横浜在住。壁が白い…)

おむつの収納 生後2ヶ月 手でモノをつかむ練習中

娘にこの写真を見せたことがあるので、
「これ赤ちゃんの時に触ってたー」
と言って、嬉しそうにツリーを眺めています。


☆ランキングに参加しています☆
↓画像をクリックして頂けると順位が上がり、更新の励みになり本当に嬉しいです

セントレア イルミネーション

セントレア(中部国際空港)
イルミネーション。今年も始まってます。

昨年、家族3人で見に行ったのですが、このスカイデッキで2人とはぐれてしまった私。
彼の携帯にもつながらず、寒空の中、何度も往復して一生懸命2人を探していたのに…
2人はさっさと引き上げていて、団子屋さんできなこ餅を買って食べていました。

セントレアに行くと、いつもこのことを思い出します。笑



フォロー・いいね歓迎いたします




最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 ライフオーガナイザー的 住空間の使いこなし方~


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示