「食器棚の耐震グッズ」食器の重みに耐えられる!? | 今の暮らし これからの生活
fc2ブログ

「食器棚の耐震グッズ」食器の重みに耐えられる!?

2022.05.02.Mon
わが家の食器は、吊戸棚とシンク下の引き出し、そして食器棚の中に入っています。
そして引き出し以外は、「キャビネットストッパー」で地震対策をしています。

食器棚の耐震

ただ、このストッパーが劣化したタイミングで(※)、大きな揺れによる食器のなだれ(重み)で、外れない可能性も無いなと気になっていました。

そこで、もっと減らせないか?というわけで、食器の見直しを決行しました(1~2か月前に…)。

※1日に何回も開閉しているため、中の部品が取れることがあるので、数年に一度交換しています。

こちらは逆さに取り付けています。
賃貸吊戸棚の耐震

大掛かりな食器の見直しは、3年半ぶり。
>>>【43歳】年の数だけ、食器を処分してみた。

大掛かりな見直しではない見直しはたまにしていたので、この当時↑残っていたモノが、今回の見直しの段階ですでに無かったモノもあります。

このあと、買い足したのはニトリの「11cmボウル(MH-B4-COMET)」6個セット(今はバラ売りもあるんですね)。
それも今回手放しました。

人気商品なので、用途的にもあると良さそうと思って使ってみましたが、わが家の他の食器とのバランスがなんとなくイマイチだったのと、無くてもいける、と思いさよならしました。

食器の断捨離

ここに写っているのは20個ですが、大皿も1枚処分しています。撮り忘れたらしい…。

右下の青いフチの器は、娘が(確か)小1の時の作品。
本人に聞いたら「要らない」「まだあったの!?」と言われてしまいました。笑

お菓子を出すときに意識的に使っていましたが、いつの間にか使わなくなっていました。

幼稚園の年長さんの時に作った陶芸作品の方は、今もあります。
こちらはお菓子の時間にたまに使われますし、娘も手放したくないそうです。
娘が要らないと言っても、私が取っておいて使います。

子どもの陶芸作品

この引き出しの食器の中には、買い替えたいお皿もありますが、気に入ったのが見つからないので保留中。
しつこく処分を検討中のもあり(踏ん切りがつかない)。

今回処分した中には、「こういうシチュエーションで使う」と決まっている食器もありましたが、「もしこれが無くなったらどれを使う?」と自分に確認して代用可能だとよくわかりました。

安心安全を手に入れることの方が、私にとっても家族にとっても大事なこと。

“絶対に捨てられない!”と思ったとしても、「もしこれが無かったら…?(割れたら?)」と考えることで、意外と無くても大丈夫かも…と思えるかもしれませんよ。


ちなみに、両開きの食器棚の扉をS字フックで留めていたけど、大きな揺れでS字フックが外れたという経験をされた方もいらっしゃるようなので、ゆるいフックは避けた方が良さそうです。


ブログの更新情報もお届けします♪
友だち追加

◆インスタグラム◆
https://www.instagram.com/mori_macky/

インスタグラムのスクリーンショット

◎名古屋のライフオーガナイザー森麻紀への
お問い合わせはこちら


◆Facebook◆
https://www.facebook.com/maki.mori.5602

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~「自分にちょうどいい暮らしと片付け」の見つけ方


関連記事
コメント

管理者のみに表示