表紙が好きで捨てられないカタログ冊子はどうする?溜める?捨てる? | 今の暮らし これからの生活
fc2ブログ

表紙が好きで捨てられないカタログ冊子はどうする?溜める?捨てる?

2020.04.05.Sun
カタログ冊子の表紙が気に入って、

でも、その冊子は取っておかなくてもよくて、、

(昔むかしはこれらを何冊も保管していた!)

という時に、たまにやる方法がこれ。

表紙をカットしてリビング(の家具)に貼ること。

リビングインテリア

…ん?

知らぬ間に、娘のふくちゃん(※)が置かれてる!!

雰囲気に合っているので、まぁ良し。笑

※ふくろうのぬいぐるみ


冊子をそのまま立てかけるというのもありだけど、
そうすると、スペースも必要。
掃除の時にジャマになる(手間が増える)し、
厚みができる分、そこにホコリがたまる。

といった理由から、カットしてます。
こちらの方が手間だと思う人は
そのまま飾る、というのでいいと思います(^^)


お気に入りを貼りたての頃は、
見るとテンション上がります♪


でも、普段はこの状態なので…。

キッチンカウンター周り

しかも、キッチンカウンターのフックには
バッグが掛かっている時間も長い。

>>>【バッグの一時置き場はリビングに…】



時間が経つと、ちょっとごちゃごちゃして見えてくる…。

ライフオーガナイザーのリビング

立つと周りのモノがもっと見えてきます。
(実際に見える視界はもっと広い!)



この“違和感”が大事だと私は思っていて…
そう感じた時に、すぐ外します。

そしてそのまま、さようなら(ありがとう)。
古紙回収にまわします。


この違和感を放置してしまうと、“慣れ”が生じます。
貼ってあるのが当たり前となり風景となり、
いつの間にかトキメキもありがたみも薄れ…


というものはありませんか?


試しに取ってみて、「わっ♪すっきり♪」
という気分になった場合は、外した方がよし。

「ちょっと壁が寂しいな…」と思ったら、貼るの継続でよし。
でも、部屋全体を引いて見てから。
(勝手に判断基準を決めてみる。笑)

ぜひ、家の壁を見渡してみてください(^^)


リビング写真


以前は捨てられなくて、ひたすら取っておいてました。
量がありすぎて、表紙が好きなのに背の部分を向けた
状態でしか置けなかったり、積んであったり…。

飾って、(しっかり)満足したことで、
私は納得して手放せるようになりました。

(注意:飾って満足、というニュアンスではありません。貼ってあるのが当たり前という状況のことではないです)


使い切ることは、納得して手放せることにつながります。



\オススメ記事/
新たな1年のために処分を考えるモノ選び
…新年度向け!


= = = = = = = = = =


◎名古屋のライフオーガナイザー森麻紀への
お問い合わせはこちら


インスタ バナー
◆インスタグラム◆
https://www.instagram.com/mori_macky/

◆Facebook◆
https://www.facebook.com/maki.mori.5602


最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


関連記事
コメント

管理者のみに表示