FC2ブログ

【記念と切手】100円で買った物は処分できても、 100円切手をゴミ箱に捨てる人はいない。

2019.04.22.Mon
前回の記事の続きです。

「祝 改元記念」のフレーム切手を見て、
一瞬欲しくなりましたが、ふと、、
「記念」について考えました。

「記念」とは、
1 思い出となるように残しておくこと。また、そのもの。
2 過去の出来事・人物などを思い起こし、心を新たにすること。
(goo国語辞書より)


「改元」は私にとって、思い出にするために何かを残すほどのこと?
数年後、令和になった出来事を思い出し、心を新たにする?


昭和64年や平成元年の何か…を
今も大切に、今も変わらず、大切に持ち、
それを見た時、ハッピーな気持ちになるのなら、
きっとあなたは、改元記念切手を買っても大丈夫。

昭和から平成になった記念の何かを
買わなくて、ずっと後悔しているあなたも
きっと大丈夫。今回は、買って、
大事に取っておくか、ぜひ飾ってください。

今、筆まめな方で、誰かに貼って手紙を送りたくて…
という(確実な)予定で買うあなたも大丈夫。

そして、「かわいい!」「素敵!」で買って
物が増えても、いつも後悔しないあなたなら大丈夫。
たまに、その切手を眺めてはニンマリ。
絵画や写真集のように感じられるということ。



私はきっと、今回の場合は
どれにも当てはまらない…。

だから、買いません。

ちょっと欲しい…と書いたけど、
リアルに将来を想像したら、買ったはいいけど
なんとなく使いにくくて、私が死ぬまでに使えてなさそうな気がしてきました。


飾ることもしないので、買って収納したらおしまい。
他の切手を使う時、目に入るうちに、
「いいな~」と思っていた気持ちも薄れ、
いつか、「なんで買っちゃったんだろう…」
きっと私はそう思うことでしょう。

(素敵、記念に、という気持ちだけで買って、実用が伴わない場合に、私はそう思う傾向にあるからです。)


<関連記事>
【衣替え】その服や小物…来シーズンに先送りしたらアウト!
(少し先の未来の自分を想像する。その時の自分は「それがあること」で幸せですか?)


買う理由が「記念に…」はとても危険。


<関連記事>
東京ディズニーランド・シーでのお土産を買う基準


切手収集が趣味
(イメージ)

私は20年くらい前に、切手収集が趣味だった父の
大量の切手を生前に譲り受けました。
それなりの金額になったものもあったけど、
正直なところ面倒くさかったし、それ以外は額面割れ。

そうなると、もったいないので額面通り使える
切手として使うのが得策と考えてしまう。

当時は、まだ手紙をよく書いていたので
よかったのですが、やはりどんどん書かなくなり、
残りはゆうパックの支払いに使っていました。

その時はオークションをよくやっていたので、
まだ使う機会があったけど、もしそれが今だったら…?


切手って、お金なのにお金じゃない!


買って、失敗したと思ったら、
手放すことができる人でも、切手となると
売ると額面割れすることが大半なので、
「使います」と言って取っておく。

手紙も出さない。
何かをゆうパックで送ることもそうそうないのに…です。

確かに場所は取らない。あまり取らない。
でも、収納に悩んでる。

「こんなにいらないですよね…」

自分でそう言いながらも処分はできない。
お金と同じだから。

100円で買ったものは処分できても、
100円切手をゴミ箱に捨てる人はいない。


でも切手は、お金なのにお金じゃない!



そう考えると、方法はひとつ!


買わない、こと。


断捨離でいうところの
「(入ってくるいらない物を)断つ」です。





「捨てる」だけでは、断捨離じゃないですよ!!

私はライフオーガナイザーですが。笑


切手シート

そういう私も、かわいい切手シートがあると
すぐ買っちゃっていたので、使用が追いつかず、
気付くと手紙の基本料金が変わっていました。
(もちろんシートではない切手も持っています)

そのため、2円切手を足さないといけないので、
ビジュアル的にイマイチと思ってしまい、
結局また使わないという悪循環…。

上記の切手シートは、平成20~25年のもの。
娘が生まれたのが平成21年なので、
その頃から残り始めたというわけです。

この際、シールとして使うか!?

と、考えたこともありますが、
そんな勇気もなく…。

それに、例えば…ですが、
封筒の〆シールに切手が貼ってあったら、
受け取った人もびっくりですしね( ̄▽ ̄)


昔は、友人と会うたびに、翌日に手紙を出す、
そんな人でした。

でも今はメールかメッセンジャーやLINE。

お客様にも手紙をお送りすることはしていません。
ご家族に内緒にしておきたい人もいますしね。


現状の自分を理解して、行動をあらためる。
今の自分に合った行動にシフトする。

皆さんも一緒にいかがですか?(^^)


そんな行動指針の参考にもなる
(下記は親子関係において、が主です)
イベントを5月に開催します!!
申し込み始まってます!
会場でお待ちしています!!


“名古屋のライフオーガナイザー”
森麻紀へのお問い合わせはこちら


フォロー・シェア歓迎いたします
※ブログ読者様も遠慮なく友達申請してください♪
(一言メッセージを添えてお願いします。間違い申請かと思い、承認しかねますのでご了承ください)

インスタ バナーinstagram

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


「なぜ、すぐ処分できるのか?」の回答

2018.10.22.Mon
オーブンレンジを買い替えたので
キッチン内の物の見直しをしていることを
以前にも書きましたが…


<関連記事>
【43歳】年の数だけ、食器を処分してみた。
【処分の先送りは、快適な生活の先送り】

キッチン用品の断捨離
こういった、念のため取っておいたけど、やっぱり使わなかったモノたちも処分しました。


「なぜ、あんなにすぐ、処分(手放すことが)できるんですか?」


と、聞かれましたので、お答えします(^^)

一言でいうと、


「自分にとって何が重要(大切)なのかが、わかっているから」


そして、


「今、自分に何が必要かをわかっているから」


ちょっとわかりにくかったと思うので、説明しますね。


まずは、最初の【重要・大切なこと】について。


私にとって大切なのは、小3の娘(の成長)。
その成長を守るために、親である私の心のゆとりは欠かせません。



なぜなら、イライラすると、優しくなれないから。
叱るが怒るに変わる(すり替わっている)から。
これはイコール、子供に当たってしまっているということだと思う。

そして、好ましい声掛けをする
余裕もなくなってしまう。

イライラすると気持ちも焦るので、
時間が過ぎるのも早く感じるそうです。
そうなると、さらに忙しい気にもなり、
もっとイライラしてきます。

こうならないために(娘を守るために)も、
私(親)の心のゆとりが重要というわけです。


だから、今回の例でいうと…
購入したオーブンレンジをなるべく早く
私の(※)満足いく状態に置けるようにすることが
必要なのです。

使い勝手良く、見た目も悪くない状態に
一刻も早く…!!

実際に(少しの間ですが)使い勝手の悪い不便な状態の時は機嫌が悪かったのです。
なんで私、(生理前でもないのに)機嫌が悪いんだろう?と考えた時、キッチンの使い勝手の悪さしか思いつかなかったんです。

※私がメインで使う場所だし、私しか見た目にこだわらないから。だから私が頑張る。


前回の記事にも通ずることがあると思います。
【大人は子供の生きる希望!】…クローゼットオーガナイザー認定講座受講中


先ほどの答え。
「自分にとって何が重要(大切)なのかが、わかっているから」
「今、自分に何が必要かをわかっているから」


上記は、こういうことです。


自分にとって重要(大切)なことがわかっているから、そのために必要なことのために、やるべきことをやる。

⇒子供の成長がなにより大切だから、親である私の心のゆとりを確保するため、快適なキッチンを作る必要がある。そのために、無くてもいい(無くてもなんとかなる、気分を上げてくれない)物を処分する。



やるべきことをやった結果が、
手放した食器他キッチン用品の数々です。

キッチン用品の処分
まだブログに載せてなかった分です。

そして、これらには、必要なかった理由がちゃんとあったのです。
それをハッキリさせたことも最初の質問(※)の答えでもあります。

※「なぜ、あんなにすぐ、処分(手放すことが)できるんですか?」


参考までに、上記の処分理由を書いておきますね。

左上)
◎小鍋…これまでもいざという時しか出番が無かった小鍋。オーブン料理、炊飯器調理を増やす予定なので、無くてもなんとかなるはず。
◎揚げ物専用鍋…フライパンでやっちゃう。

右上)
◎半月盆…最近はお正月くらいしか使わない。お正月も木製トレーでOK。
◎アタのトレー…最近は写真に撮る時に敷くくらいしか使っていなかった。その理由は、滑って運べないから。実用的じゃない。

キッチン用品の処分

右下)
◎最近は小さいお玉しか使っていない。小さめお玉が2個あれば足りる。これは大き過ぎて使いにくい。

左下)
◎オーブンミトン…オーブントレーを熱くて持てない。それ以外でも持ちにくいので結局あまり出番無し。
出番が無さ過ぎて処分しづらかったけど、今回オーブンレンジに鍋つかみが付属してきて、それが使いやすいので、なおさら出番無し確定。
◎シリコンカップ…年に3回くらいしか作らないお弁当用。洗うのが手間。使い捨てにしました。娘が喜びそうな占い付きのを買ったので、親子共にゴキゲン(^^)


お弁当用のシリコンカップ処分に伴い、
食洗機用の細かい物を洗うための下記も処分。
(スッキリ洗えなくて、結局手洗いしてました。)
お弁当シリコンカップ洗いにくい


捨てたいのに、なかなか処分できない場合、
片付けたいと思った理由は何かを思い出してください。
スッキリきれいにしたい、その手前の理由
です。

あなたはなぜ、スッキリきれいにしたいのですか?
どういう生活を手に入れたいと考えていますか?
本当は、何(どういうこと)を大事にしたいと思っていますか?

…たまには、ライフオーガナイザーっぽいことを書いてみる。笑


私(森麻紀)へのお問い合わせはこちら


フォロー・シェア歓迎いたします
※ブログ読者様も遠慮なく友達申請してください♪
(一言メッセージを添えてお願いします。間違い申請かと思い、承認しかねますのでご了承ください)


インスタ バナーinstagram

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


【処分の先送りは、快適な生活の先送り】

2018.10.04.Thu
少し前に、年の数だけ食器を処分した話
書きましたが、処分したのは食器だけではありません。

キッチン全般見直しました。
↓こちらもその一環でした。
子供が将来使うかも?…「物の要不要」は使う予定の本人に聞いて決める

今日はまた別のカテゴリーで「コースター」のお話。

娘(小3)がまだ小さい時は、布のコースターを
だいぶ処分して、一時期使っていなかったのですが、
少し大きくなってから布製も復活。

収納場所はこちら

この収納場所の記事を書いたのは
4年以上前ですが、5~6年変わらず。
今回のオーブンレンジ新調のための
大移動で場所が変わりました。


ここからは、処分の話。

まずは、食器の時と同じように
目にする度に「これいるかなぁ…?」と
無意識的によぎっていただろう物が選ばれました。

コースターいらない

コースターを使おうとした時、残したい(取っておきたい)と思ったコースターの方を選ぶため、あまり使われていなかったモノたち。


そして、10日後…


やっぱり、これもいいやー。(要らない)


コースターあり過ぎ

と、9枚(処分に)追加。

こちらは、好きだけど出番があまりないと感じていたモノたち。
(最近は収納スペース内でしか見てなかった。コレクション!?)


その数時間後…


惜しくなってきた。


処分したコースター

3枚取り消す。


さらに、3日後…。


でも、よーくよーく考えたら、
やっぱり残した方を使うよね。
この湯呑の時はこれだし、
このグラスの時はこれだし。

だって、こっちの方(残したいと思った方)が似合うし。

確かにこれは、買ってきたプリン乗せるのも
ありだけど、それだったら、こっちのお皿使うよね?
こっちの方がステキだもんね。
(…独り言)


コースターあり過ぎ

結局、二番目の写真に戻った。


計16枚。

そのうちの6枚…10日間の処分の先送り。
残りの3枚…2週間の処分の先送り。

これくらい、まだまだかわいい方。


処分しないと決めた後、
その物を使わずに、手にすることも
目にすることも無いまま、数か月、数年。

でも結局…捨てた。


なんてことは、数年前の私にはよくあった。
あぁやっちゃった。処分の先送り…と思ってた。
今回もちょっと思った。笑


処分を決めるには「納得感」が大事という。
「でも…」「もったいない…」
そう思っている間は捨てない方がいい。
それを捨てない生活の方が大事だと思っているうちは…。
もちろん、自分にとってのタイミングもあり、折り合いをつける時間も必要だしね。
(今回の後半3日間がそれにあたります。)

そしてその後悔が、リバウンド(もう捨てない!)につながる人もきっといるから。
でもこれは、自分はそういう人だろうか?ということも考えてもいいかもしれない。

私も捨てて後悔したことがあります。
これまでの人生、何度かあります。
でも、何だったか今はもう思い出せないし、
自分の生活が脅かされるようなことはなかった。
使っていない物が家の中にたくさんあった方が私の生活はきっと困る。


納得するには、その物がどういう状態になったら手放せるのか?
そして、その状態(納得して処分できる状態※)に自分はしてあげられるのか?

その状態になるまで、今と変わらない生活を送りたいのか?
そういったことまで考えてあげた方がいい。
自分のためにも物のためにも。

※例えば、使い切る、とかね。


『処分の先送りは、
快適な生活の先送り』



時折、私が呪文のようにつぶやく言葉。
よろしければご一緒に。笑




私(森麻紀)へのお問い合わせはこちら


フォロー・シェア歓迎いたします
※ブログ読者様も遠慮なく友達申請してください♪
(一言メッセージを添えてお願いします。間違い申請かと思い、承認しかねますのでご了承ください)


インスタ バナーinstagram

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


突然の…カタログギフトを制する

2018.09.13.Thu
先日、電化製品を購入したら…
前回の炊飯器ではありません)

カタログギフト注文

もれなく、カタログギフトが付いてまいりました。
(正確には送られてきた。)


これは…昔ながらのギフトカタログ!
(最近のおしゃれギフトカタログではない)

ということがわかったら(笑)すぐに注文です。


今どきは、ネットで注文。
注文した商品を控えにメモして終了。
私は5分もかからずカタログを捨てました。(3分くらいだった?)

ちなみにハガキでも、同じくらいだと思います。


なぜなら私は、

注文するモノが決まっているから。


これ↓
ドライアイス


じゃなくて( ̄▽ ̄;)


これ↓
カタログギフトおすすめ

大好きなアイスクリーム♪


もし、カタログにアイスクリームが無かったら…

「肉」を注文します。


カタログギフトで無理矢理なにか
使えそうな物を買うのは、不要な物が
増える可能性もあるということ。

そして、食品は当たりハズレ(好み)があるので、
アイスクリームと肉は手堅いかな、と。(我が家の場合)

タダなんだから冒険する、という手もありますが、
タダだからこそ、ありがたく大事に頂きたい…。


カタログは、一応全ページ、目を通します。
欲しいと思っていた物がたまたま偶然載ってないかな~?って。

でもこれも、ゆっくり見る必要は無く、
ぱらぱらぱら…で、十分目は通せます。

郵便受けから持ってきたその流れで
封筒から出して、スマホで注文。

引き出物に入っていた時は
引き出物の中身を出す流れで
注文までしてしまう。

これも、注文する商品を決めて(絞って)おけば
あっという間です。期限切れも無く安心。(※)

※期限が切れていても、申し込み可能な場合もありますので、捨てずにまずはお問い合わせされるといいですよ(^^)


ただし…最初にも書きましたが、もし、
目でも楽しめるおしゃれギフトカタログだったら、
もう少しゆっくり見ます。

写真集ばりに素敵なのありますもんね。
コラムとかも、読んじゃったりします。
二度おいしいカタログギフトは大歓迎。笑


「注文する物をだいたい決めておく」…オススメです(^^)


娘は予期せぬアイスクリームとドライアイスに大喜び♪
ドライアイスで遊んでました。(→関連記事


私(森麻紀)へのお問い合わせはこちら


フォロー・シェア歓迎いたします
※ブログ読者様も遠慮なく友達申請してください♪
(一言メッセージを添えてお願いします。間違い申請かと思い、承認しかねますのでご了承ください)


インスタ バナーinstagram

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


いざという時、近所の中高生or大人を自宅にあげられますか?

2018.08.12.Sun
(自宅に)子供は呼べるけど、その親は呼べない。

幼稚園、小学校、
意外とよく聞くこの状況。

でも、ここでいう子供って、何歳までを指しているのでしょう?


数年前の夏のこと。
娘(当時幼稚園児)と家に帰ると…

隣に住んでいた高校生の女の子が
鍵を忘れて、自宅の玄関前で困っていました。

その場所は、外ではないし日陰だけど、結構暑い。
その日は曇りでしたが、熱は多少こもっている状況下。

季節的にさすがに心配で…

「ウチ(我が家)、入って待ってたら?」

そう声を掛けたけど、すぐに母が帰ってくる時間なので大丈夫です、と。(実際に間もなく帰ってきました)

帰宅して間もなかったとはいえ、お水だけ一口飲んでもらいましたが…。


この話を何人かにした所、

「絶対無理」
「もしそれが炎天下だったら恥を忍んで…」
「部屋は無理だけど、玄関なら…」
「小学生なら声掛けたかもだけど、高校生に見られるのはちょっと…」



人を呼べない家


その話を聞いて、
私がすぐに声をかけられたのは
家が片付いているから、というのも
あったのかもしれないなと思いました。
(でも、完璧に片付いた状態ではなかったと思います!)


緊急事態というほどではないけれど、
ご近所さんがちょっと困っている時、
すぐに「よかったら…」と言える。

片付いてない!
そんな理由で、本当は助けてあげたいのに
何も言えないなんて悲しすぎる!!


床に物が落ちていなくて、
テーブルやキッチンカウンターに
今の作業に関係ない物が置いてない。

そして、その他の棚の上に
アンバランス(※)に物が置かれていない。


※崩れそうな書類の山、箱が何個も積み上げてある等


上記をクリアするだけでも、
意外と「突然の…」という事態に
対処できるくらいになりませんか?

これでもハードルが高いと思われる方も
いらっしゃるかもしれませんが、
友達を呼ぶ、というハードルよりは
ずいぶんと低くなるのではないでしょうか?
(中には逆にハードル上がる方もいらっしゃるかもしれませんが…)

まずは、近所の困っている人を(すんなり)あげられる家を目指してみてはいかがでしょう?

よろしければお手伝いいたします(^^)

ちなみにお子さんがいる場合、
突然の来客時におもちゃが
(床に)散らばっているのは
全く問題ない(自然)と思います。


\オススメ記事/
「ウチも、毎日おもちゃで散らかってますよ」



私(森麻紀)へのお問い合わせはこちら


フォロー・シェア歓迎いたします
※ブログ読者様も遠慮なく友達申請してください♪
(一言メッセージを添えてお願いします。間違い申請かと思い、承認しかねますのでご了承ください)


インスタ バナーinstagram

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


 | HOME | Next »