FC2ブログ

【物を手放す?理想の生活を手放す?】昔似合ってたから捨てられなかった物のお話

2019.03.18.Mon
私史上最高に似合っていたサングラス。

似合ってたサングラス

数年前に傷が…。

サングラスに傷

今は、別のサングラスを使っていますが、
実はこれを捨てられたのはつい最近のこと…。


ずっと、どこに置いてあったかというと、、

ここです。

下駄箱の上

下駄箱の上…の、写真の裏側。

なぜ、ここに置いていたかというと、
ゴミ捨て用のサングラスとして使っていたからです。

最初の頃はお気に入りのサングラスなので
友達に会うわけじゃなければ…と使っていました。

でも、日に日に…気持ちは変わっていきました。

ゴミ捨ての時に誰かに会うことはあまりありませんが、
それでも、傷の入ったサングラスで人に会うのは
気分的にはばかられ、、

結局、あまりしなくなる。

しまいには、購入した新しいサングラスをして
ゴミ捨てへ行く。(太陽が眩しい時だけ)

たまには使おうかなと、いざ手に取ると
写真の裏でほこりをかぶっている始末。。

そのほこりを払ってキレイにしたところで、
傷は消えない。キレイにはならないのです。

服に関しては、テンションの上がらない服は
処分できるようになったのに、
「いざという時、着れる服は他にもある!」
そう思えるようになっていたのに、
小物に関してはまだだったようです( ̄▽ ̄;)


私史上最高に似合う…というのはなかなかないからというのもあります。笑 同じ形も見つからない…。


サングラス、新しいのがあるのに…です。

確かに、傷有りサングラスほどは似合わないけど、
傷のことを加味したら、新しいサングラスの方が
絶対にステキだ!!


片付けの仕事をしていると、
『なんでもすぐに捨てられる人』
とよく思われがちですが、全然そんなことはないのです。

自分の中で「納得」しないと処分はできません。

でも、、
いつも書いていますが、それはあくまで、
収納スペースから物が溢れていないから。

収納スペースから物が溢れている(※)状況であれば、話は全く別!

自分の理想のスペース・生活を浸食している物の方を私は手放します。
大事なのは、その物より、自分達の生活の方だから。

自分達の生活スペースを浸食しているにもかかわらず、
物を手放せないということは、自分の理想の生活を手放しているということ!!


片付けをする上で、物と向き合う際に
私が忘れずに思い出していることです。

※溢れていて困っているという状況を指します。
大好きなモノに囲まれて幸せな場合はこれまた別です。



\オススメ記事/
【処分の先送りは、快適な生活の先送り】


片付けサービスの3月までの募集は終了しました。
4月以降(半ば以降)はお問い合わせくださいね(^^)


私(森麻紀)へのお問い合わせはこちら


フォロー・シェア歓迎いたします
※ブログ読者様も遠慮なく友達申請してください♪
(一言メッセージを添えてお願いします。間違い申請かと思い、承認しかねますのでご了承ください)

インスタ バナーinstagram

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


【高学年女子の子育て】そろそろ会社の後輩のように…声かけ

2019.03.14.Thu
先週末、初めて名古屋城へ行ってきました!(名古屋歴9年)
初めての名古屋城


我が家の娘は小学3年生。
まだ低学年。場合によっては中学年。

来月から4年生。
4年生も中学年ですが、
大きく分けた場合は高学年。

とうとう高学年…。

確かに、しっかりしてきました。

名城公園トナリノ

先日、名城公園(名古屋城の隣)へ行った時、
DEAN&DELUCAで、スープとラザニアをお持ち帰り。
私は袋を傾けずに持たないといけない状況でした。

元の道(階段)から帰ろうとする私に…

「ママ、こっちの方が近いよ」

そちらの階段は駐車場へと繋がっていました。
待ってる間にチェックしておいてくれたらしいのです。
(たまたま見ただけとも言う。笑)

赤矢印側の階段を降りると駐車場
名城公園 DEAN&DELUCA


「あ、ママ、飛行機!」

空を見上げると、飛行機が飛んでいました。


「ママ、ここ段差あるよ。気を付けて!」

確かに、ちょっとわかりにくい段差…。


手荷物を持った私に気を使いつつの小3娘の声かけは、
まるでお母さんのようでした。笑


そんな娘ですが、まだまだ甘えん坊で、、
「抱っこしてー」「ギューしてー」
そして、隙あらば、私の膝の上に乗ってこようとします。

名古屋城でも、ずーっと「手つなごう♪」でした。
名古屋城の写真

でも、確実に年齢は思春期に向かっています。
だから最近は、少しずつですが、【声の掛け方】を変えています。



少し前に、学校のセロテープが無くなった
ということで、新しく替えのテープを購入。
それは二個入りセット。

「一応…無くなるかもしれないし…念のため…」

と、二個とも持って行こうとした娘。


以前の私だったら、、

「まだいらないんじゃない?」
「そんなに(まだ)必要ないじゃん」

と、スパッと言っていました。
怒ってない普通の言い方だけど、
これは明らかに“上から”。


「まだいらないんじゃない?」という言葉も、結局、次の娘の言葉は「でも…」になる。。


今回はどう言ったかというと…

「もうすぐ3年生も終わりますし、
4年生になってから、持って行ってはどうですかねぇ~?」

「確かに…。
言われてみればそうですね。
今回はそうすることにします」
←私の真似をした言い方。笑

お互い気持ちよく、スムーズなやりとりができました(^^)


以前、ママ友(現在高校~小3の母)から、
「女の子は高学年くらいから
会社の後輩のように接するといいよ」
と聞いていたので、そのことを思い出しながらの声掛け。

上記会話は後輩への声掛けっぽくないですが、
人として尊重した声掛けにはなっていると思います。

これまでも娘を尊重してなかったわけではないけど、
本人に意見を聞くことはよくしていたけど、
お願いが命令にならないようにはしていたけど、
意識してないと、私の声かけはになります。

高学年に向けて、気を引き締めて
会社の後輩を意識していこうと思います!


\オススメ記事/
子供の将来の幅を広げるために一緒に見たいテレビ番組


片付けサービスの3月までの募集は終了しました。
4月以降はお問い合わせくださいね(^^)

私(森麻紀)へのお問い合わせはこちら


フォロー・シェア歓迎いたします
※ブログ読者様も遠慮なく友達申請してください♪
(一言メッセージを添えてお願いします。間違い申請かと思い、承認しかねますのでご了承ください)

インスタ バナーinstagram

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


リビング学習の“消しカス問題”を解決する!

2019.03.10.Sun
勉強机の中 卓上そうじ機

幼稚園の頃や小学1年生(前半)までは、
できていたことが、急にできなくなる、
やらなくなることはありませんか?

小学生も、学校に慣れ、宿題も増えてくると、
なにかと面倒くさいと思うことが増えるようです。

その中のひとつが
消しゴムのカスを掃除しない!

自作の練り消し(笑)に使いたい
大きめの消しカスは集めるけど、
それ以外は放置。

机の上の書く(使いたい)場所を確保するために
端っこに寄せるだけ…。

そんな、現在小3の娘も喜んで
掃除するようになった卓上掃除機のお話。

リビング学習に限らず、子供部屋での
消しゴムのカス問題にもオススメです。

日本ライフオーガナイザー協会のWEBマガジン
【片づけ収納ドットコム】に、本日詳細が掲載されています。

上記記事には載せていない、
実際にゴミを捨てる時の画像はこちら。

卓上掃除機 オススメ

回して…開けます。

子供の消しカス

購入したのは昨年(当時小2)なので、それより小さい子供が上手に開けられるかはわかりかねますm(__)m

 

自宅講座でも、実際にお試しされた方が
「購入しました!」とのご報告も頂いてます(^^)

あまりに便利で、最近もうひとつ購入。
上記、猫(※)のを娘用に、以前からのは私の部屋用になりました。

※写真では薄いピンクにも見えますが商品詳細の通りホワイトです


\オススメ記事/
勉強机はいつ買う?我が家は小学三年生がベストだった話


片付けサービスの3月までの募集は終了しました。
4月以降はお問い合わせくださいね(^^)

私(森麻紀)へのお問い合わせはこちら


フォロー・シェア歓迎いたします
※ブログ読者様も遠慮なく友達申請してください♪
(一言メッセージを添えてお願いします。間違い申請かと思い、承認しかねますのでご了承ください)

インスタ バナーinstagram

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


 | HOME | Next »