白いワイヤーディッシュラックが錆びたので…

2013.11.15.Fri
先に書いておきますが、ステンレス製のモノではありません。
スチール製のモノをポリエチレンコーティングした水切りかごのお話です。

半年前まで使っていた水切りかごは白いワイヤーディッシュラック。
これを購入したのは、確か、3年くらい前。

白い水切り、キッチンが明るく見えて気に入っていましたが
いつの間にかコーティングが剥がれてきてしまいました。
剥がれたら最後、あっという間に錆びました。

ディッシュラック
処分直前に撮影したので、包丁が入ってない状態で撮っていたことに今気付きました

最初は食器を置くところの被害はなかったので我慢していましたが、
とうとう食器を置くスペースまで侵食してきました。
これはもう買い替えしかありません。

ワイヤーディッシュラック

基本的には(彼が勧めてくれた)食洗機を使う我が家ですが、
小ぶりな食洗機のため食洗機だけで終わるということは、
軽い食事の時しかなく、水切りカゴは(私には)必須。

以前から気になっていたla baseの水切りかご。
水切りかごにしては値段が高過ぎるだろ~と思っていましたが、
サイズを確認すると我が家の場合は「小(35×23.5cm)」のサイズがベスト。

値段は「 大 → スリム → 小 」の順で安くなっていく。
しかも私は水切りトレーは要らない。ということは5千円ぐらいで買える。

つなぎ目の少ない掃除もしやすそうなスタイリッシュな見た目に心惹かれ、
4本脚が長い所も水切りトレーを使わない私にはかなり魅力的。
(水切りかごの下を私は台布巾で拭くので手が入れやすい)

 

水切り

この画像で見た目の良さは伝わりませんが、商品が届いて初めてここに置いた時、
テンションかなり上がりました!

結果的にステンレスポケット(小)も購入したので5千円では買えませんでしたが、
理想的な普段使いのグラス置き場もできて大満足。

デュラレックスのジゴングラス(160ml・DURALEX GIGOGNE)4個がピッタリ。
(しかも我が家には4個しかない)

小ぶりで手におさまりよく、軽いのに丈夫で我が家の必需品。
この記事を書くにあたり、いろいろ調べていたら、ナチュラルキッチンでも
デュラレックスのジゴングラスの取り扱いを今年からスタートされたようです。

  
包丁・まな板スタンドも亀裂が始まっていて、サビの危険性ありだったので、
そちらも買い替えました。

今まで使っていたワイヤーの包丁・まな板スタンドよりも、しっかりとした作りなので
この下を拭く時に持ち上げやすくなりました


それから、キッチンばさみも収納できるので、引き出しの特等席に置いてあった
キッチンばさみの収納スペースが空き、さらに使いやすいキッチンとなりました。


☆ランキングに参加しています☆
↓画像をクリックして頂けると順位が上がり、更新の励みになり嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ

お手数でなければ、こちらもクリックお願いします♪



フォロー・いいね歓迎いたします




最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 ライフオーガナイザー的 住空間の使いこなし方~


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示