ニオイがきつい薬の収納、どうしてますか? (常備薬の収納)

2013.10.12.Sat
以前、病院でもらった薬の収納のことを書きましたが、今回は市販品(の一部)。
市販品の薬の中でも、使用頻度が高いモノだけをキッチンに置いてます。
(キッチン全体図はこちら

常備薬の収納

まずは、無印良品のポリプロピレン小物収納ボックスの右上

市販薬の収納
現在のトローチは市販品ではなく病院処方でした

一番手前の「その他」は、常備の必要はないけど、単発で急きょ必要に
なった場合に使用。

医薬品説明文書と箱に書いてある使用期限を切り取って一緒に入れてます。
(今その他に入っている薬は最終1回分なので、つい捨ててしまいましたが…)


そして、ちょっと風邪っぽい?という時に飲む薬がこちら。
くさいわけではないですが、ニオイがきついんですー!
改源
生薬配合感冒薬。飲むのは平気です。

以前は同じ小物収納ボックスに入れていましたが、
周りのモノ全てが改源(かいげん)臭くなってきたような気がしたので、
1番被害が少なそうな方法を考えた結果、外に出すことにしました。

薬の収納

袋はそのまま利用。

常備薬の収納
無印良品のPPケース引出式ハーフ・深型の横

通常の位置ではあまり見えない場所です。
PPケースを少し押して(軽々押せます)洗濯ばさみを持って取り出します。
最初、アクション数を減らすため、無印良品のステンレスひっかけるワイヤークリップ
試してみましたが、狭いスペースでは取りづらく戻しにくかったので、こちらが採用になりました。

押して → 取って → 洗濯ばさみを外して → 袋を開けて → 取り出す

こうして書くと、薬の中身を出すまでのアクション数は多そうですが、
しゃがむ・手を伸ばす等の身体の動きがないことの方が、私にとってはラクな収納なのです。


【後日談】

引き出しを奥に移動させなくても、
隙間から手が入ることが判明しました。笑




↓ランキングに参加しています。応援クリック頂けると嬉しいです♪
くまもんカレーピラフ

宅配生協カレーピラフのつづきです。
熊本県産くまもんのとろけるチーズのカレーピラフも試してみました。
が、「CoCo壱番屋カレーピラフ」に軍配が上がりました。


こちらも押して頂けるとさらに嬉しいです♪
(安全なサイトが開きます)




フォロー・いいね歓迎いたします!




最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示