【子供の飲み物のお話】

2015.08.15.Sat
この時期になると、片付け・整理収納
関係のブログでよく見かける
『子供の飲み物コーナー』

我が家の場合…

と、紹介したい流れですが、
我が家にはありません。

なぜなら娘(5歳)は

水を飲むから。


麦茶。
私自身、あれば飲むかも?
と、この夏何度か作ってみましたが…

飲まない。


原因は、欲しない。

よそ様のお宅では
ゴクゴク飲むのです。
でも、自宅で飲みたいと思わないようです。

娘の場合、「どっちを飲む?」と
聞くと、最初は「麦茶」と答えますが、
2回目以降は「水」となります。


小さい頃から、外出時の水筒の中身は
いつも【水】だったことが影響しているのかもしれません。


現在愛用の娘水筒 


常に【水】だったことには、理由があります。

友人から、彼女の子供の歯が
「茶渋で変色しやすい歯だった」
という話を聞き、ウチの娘も
その可能性はある…と思ったから。
(フッ素塗布はしていますが…)

それからもうひとつ。

友人のお子さんの同級生の中に
水筒の中身はいつもジュースで
「ジュースじゃないと飲まない」
という子供もいることを知ったから。

無味に慣れさせるという意味でも
「水が1番ではなかろうか?」
という結論に達しました。

 

我が家のキッチンに付けている浄水器


麦茶は身体に良いとも聞きます。

時期に、「お茶がいい」と言い始める
とも思うので、それまでは今のまま
水生活でいこうと思います。


お子さんがまだ小さいようでしたら、
水生活、いかがですか?(^^)



9月以降お片付けモニター募集中です


(写真掲載のモニター様以外の通常お片付けに関してはお問い合わせください♪)

☆ランキングに参加しています☆
下記画像をクリックして頂けると更新の励みになります!(安全なサイトが開きます)

フランス焼菓子 シャンドゥリエ(CHANDELIER)

確かに、口コミ通り…
焼き菓子はとても美味しかったです。

フランス焼菓子 シャンドゥリエ(CHANDELIER)


こちらも押して頂けるとさらに嬉しいです♪
(安全なサイトが開きます)




フォロー・いいね歓迎いたします!




最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 ライフオーガナイザー的 住空間の使いこなし方~


関連記事
スポンサーサイト
コメント
あゝ、シャンドゥリエ
^o^ なじんでいる味ってそこに還っちゃうものなんでしょうかね。
結婚後、水出し麦茶を作ってその味に驚いた私は
めんどくさくても麦茶沸かして冷やしてます、丸粒のでね、ズボラなのに (笑)
お子さんがガブガブ飲むご家庭じゃヤッテランナイでしょうね^ ^
ブログで拝見する限りでの私見ですが‥‥‥
お嬢さんは聞き分けがよく煩わせない扱いやすいお子さんに見えます。が。
ちょっと考えると、それはお母さまが適時適所で適切に
心をかけ手をかけ導いた からこそなんですね。
先手回しにというマッキーさんの片づけでの考え方は
(意図していないとしても)そこにも通じてくるんだなと、思いました。

私、スウィーツに熱くならないお年頃(?) になって久しいのですが
この シャンドゥリエ の焼き菓子には、
久々にクラッときました!で、飛びました。
丸の内 の字を見て 支店? ヤッタ!! と思ったら‥‥
名古屋にも 丸の内 があるわけなんですね orz 尾張徳川家ですもんね。
いつか名古屋に行けるときがあるかしら‥‥‥?

それから、要らんお世話ですが( ^ω^ )
マッキーさんのブログに共感を感じるのは、
きっと控えめで慎重な方も多いと推測します。
この度の三越での催しのようなものは、
そういう方たちにとってハードルが低くなるのでは?とお察しします。
よい機会を得られましたね!
成功をお祈りします♪♪♪

プロフィール写真の背景の、リビングの壁の卵色? クリーム色?
お顔映りよく見えるし、
ブログの文章を通じて感じるマッキーさんのお人柄に似合っているようにも感じます♪♪♪
To 933
こんばんは。
93さんは、東京の方なのですね!
(なんとなくそうなのかな…と勝手に思っていました)
シャンドゥリエ。こちらは、実は丸の内駅より国際センター駅の方が近いのに…紛らわしい表記ですね(^^;

麦茶を丸粒ので…
それは丁寧に暮らしている印象を受けます(^^)

娘は、確かにあまり煩わせない扱いやすい方だと思います。
モンテッソーリを知っていたのも、こだわりの時期なんだなーと納得できて、
とても助かりました。

唯一、なかなか友達の家や公園から帰らないのだけが、困りごとで…。
育児本などのあらゆる知識を動因しても、なかなか帰ってはくれず、
最後のひとりということがよくありました。笑
娘の理由は「家に帰っても子供ひとりだけだもん…」と言われ、
これには何も言えず、共感するしかできませんでした(^^;


白壁に白い服を着て爽やかに写っている方たちにも、実は憧れたのですが、
服も真っ白よりクリーム色がかっている方が合うので、自宅で撮影して頂きました☆

お仕事の応援もいつも本当にありがとうございます!!
家に子供ひとりだけだもん‥‥ですかぁ。
今日日(きょうび) そういうご家庭が多いかと思っていましたが
周りに きょうだい のいるおうちが多いのかな?
大好きなお母さんが おうちで待っているのにね (^_−)−☆
それにしても マッキーさんにも 困りごとがあるのねぇ
こう‥‥なんというか、親近感が湧く(笑)? と言ったら不謹慎でしょうかね^o^

そういえば 家に帰ろうとするお友だちを
泣き喚いて引き止めるコを見かけたことがあります。
1年生くらい、だったのかな?
家に帰っても誰もいないから帰りたくない、ということでした。
ウチに預かるわけにもいかず、どうしてあげようもなかったわ。

いずれも
通り過ぎてきたオトナには遠い感情だが、
こどもには大問題!なんだわね‥‥
To 933
確かに…娘が仲良くしている周りのお友達で、
ひとっりっこは少ないかもしれません。
思いあたるのは、ひとりくらいで。。

だいたい2人が多いですね。
幼稚園には4人兄弟、5人兄弟という子も何人かいて、
実は意外とひとりっこは少ないのでは?という印象です。

やはり、困りごとは書いた方が良いものですね。
掃除嫌いと書いた時も「親近感が沸く」とよく言われました。笑

ブログの写真や文章の印象からか、ちゃんとしてそう
(実際もそう言われます)なイメージ強く、主人にも
結婚してから「意外とゆるいんだね」と言われたくらいです。笑
(こちらはブログに書こうと思いつつ、下書きで止まっています)

引き止める子、います! ウチはそれはしないのですが、お友達の家へ行った時
(最近は比較的帰る時間に帰るので)たまに引き止められます。笑

ほんと、子供には大問題!ということ、たくさんあるんでしょうね…。
No title
困りごとは書いた方が良いものですね
という文がいつもの通り穏やかなので、
淡々と事実として受けとめてらっしゃるのか、
実は戸惑ってらっしゃるのか読み取れませんでした。
言い出しっぺとして何か言わなくては…と思いながら
迷って時間が経ちました。

私、マッキーさんとはまるで違うタイプですが (ズボラでガサツf^_^;)
もしそれが戸惑いとするならば、
その戸惑いには少しばかり覚えがあります。
私の場合 悩み といっていいくらいでした。
が。今。このブログに関わるところでは
「親近感持てた〜💦」気持ちがわかります(笑)
なんなら、両方の気持ちを代弁できるわけです!

マッキーさんの責任感が強く思慮深い性質は
関わるうちに自分の浅はかさを隈なく照らし出しそうに思えて
初めは気後れもあるかもしれないが、
それはやがては確かな信頼感に変わるものではないでしょうか。
マッキーさんは元々好きで得意なことを
さらに少なからぬ投資までして訓練して、
苦手としている方たちのお役に立ちそれを仕事として成立させたい!
と奮闘なさっている…とはいえ、
こんなにまで惜しみなくていねいにご自分の実践を公開なさるのは、
自分をよく知ってもらいフェアに発注をいただきたいという思いだけでなく、
よい工夫やアイディアを分かち合うこと自体が大きな喜びだから!
ではないですか?
その気持ちのまま綴っていかれたらいいと思いますよ。
構えず衒わず媚びず。

お友だちのおウチのスッキリっぷりに
類は友を呼ぶ のね…orz 敗北感←(笑)私です!
例えば言うことを聞かないお子さんを叱りつけて後味の悪い夜、
マッキーさんちの良好な親子関係を読んで orz とか…ね。
あるでしょう、きっと。
プロでやっていくのだから、ある部分突出していて当たり前です。
↑そういう人の気持ちに寄り添う心根であれば OKなんじゃないですかね?
このブログを読んでらっしゃる方には、控えめで慎重な方もきっと多いはず。
だからこそ、そんなマッキーさんをしっかり見ていてくれると思うんですよ。
誠実に書き綴るうちに、もしも気後れしている方がいたとして
それがほどけて心を開いてくださるようになるだろうと、
人生経験(年数) の多いおばちゃんは思っているのです。

そうそう、先日3人のお子さんのいる美容師さんに
育児書 って言ったら 何のことかわからなかったの。
こういったものを知る機会のない方もいるんだな〜と思いました。
もちろん本を盲信して肝心の我が子の様子を見もしないよりは、
知らないでいる方がナンボかいいですが (笑)←昔、社会問題のようになったこともある
マッキーさんの、鵜呑みでなく自分の家庭に合わせて育児書を取り入れた
試行錯誤を、たくさんの人が読んで自分のやり方を考えるキッカケに
してくれたらいいなと思っています。
こどもは 国の、いいえこの世の、宝、希望ですから。
…それに我々世代の 年金 を支えてくれる…ゴニョゴニョ…(笑)

長文を読むのも書くのも抵抗のない世代なもので(^^;;
長々となってしまい失礼いたしましたm(_ _)m


To 933
93さん、こんにちは。

困りごとは…のところ。
決して、戸惑っていませんよ~。
「やっぱり、そうよね」という感じの返答でした(^^)

自分でもそう思っていたけど、ブログではあまり出せていない
(他に書きたいことがあり、ただ単に後回しにしているだけ…)ので、
気になっていた箇所なのです。

早寝早起きも苦手ですし…これも意外と言われます。
先日、お客様とお話していた時も「裁縫が苦手なように見えない!」とも言われました。笑


93さん、ズボラなのは私も同じです!
だからこそ、面倒くさいことを回避するために片付け収納をしています。

ただ、私の場合?は、いろいろと丁寧にこなす…かもしれません。笑


今回のコメント。
実は、どうしてそんなに私の考えがわかるんですかー!?と、驚きました。
収納記事を載せているのは、まさにその2つの理由でして…。

この理由、どちらも書いた方が良いと1級認定講師の方に言われた(個人的にお会いした時に話した内容です)のですが、これを書くのも後回しのまま…笑

私自身、最終的につまづいた(何度も収納の仕方をやり直した)のが、
収納の細かいところだったので、(元々ある程度得意な人なら)それを
参考にして片付く人がいればいいな…と思い、載せています。

以前、もともと得意ではない分野の資格を取得した時に、
やはり資格を取ったからといって、すぐにできるように
なるわけでもなく、上手になるわけでもないのだと痛感しました。


育児書に関して、私も同感です。
確かに読んだことないという人もいらっしゃいますね。
でも、書いたことを鵜呑みに…しかも1冊しか読んでいないならなおさら…
数冊読んで、書いてあることが本によって違う!と混乱される方もいらっしゃいますね。

育児書に限らず、ファッション誌や片付けの本も、そういう点では似ているように感じます。
ファッション誌を見て「こんな高いの買えないよねー。参考にならない!」と
知人に言われた時、そういう参考の仕方をしたことがなかったので驚きました。


年金 を支えてくれる…ゴニョゴニョ… 笑いました(^^)

管理者のみに表示