スーパーの袋は2段階収納が楽チン (レジ袋の収納)

2013.10.04.Fri
スーパーの袋を使いたい時、開ける引き出しはここ。

スーパーの袋の収納
無印良品のポリプロピレン小物収納ボックス 

無印良品週間、今日からです


そして…

外部からやってきたスーパーの袋を(ほどきやすいように)くるっと結んで
入れておく場所はここ。

レジ袋の収納
袋を持った手の甲で開けられるくらい軽々なので、片手でポイッです。

買物から帰ってくると、その勢いで買ってきたモノを冷蔵庫などに仕舞いますが、
そのままスーパーの袋まで丁寧に畳むことは滅多にありません。
(気候の良い時期、年に2~3回でしょうか…)

隣の食器棚上の作業スペースで、買ってきたモノを袋から出すので
第一段階ポイ入れするカゴは、そこに立ったまま手が届く位置にあります。
(彼でもここにポイすることはできます)


引き出しの中のスーパーの袋が少なくなってきたら、
時間と気持ちの余裕がある時、それでいて気が向いたら、
スチールシェルフの上のカゴを下ろして、袋を畳み、引き出しに仕舞います。
スーパーの袋は減るペースがかなり遅いので、これくらいのテンションでしか
やらない私でも、補充には間に合います。


第一段階ポイ入れ、まだあります。小さい袋はここ。

スーパーの袋 収納

こちらも作業スペースから手が届く位置に設置。
ここに入っている袋は、生ごみ入れに再利用しています。
(普段は隣のひも付きポリ袋を使用)


私は何でも、とにかくラクに戻せてラクに取り出したいので、
これをまず大前提に収納場所を考えます。

今回の場合、他の条件は…

◎スーパーの袋は隠す収納にしたい
◎使う時に必要な(知りたい)情報↓が見てすぐわかるようにしたい

  ・袋のサイズ(あともう少し大きいの…という時すぐそれが見つかるように)
  ・透明・半透明 or 透けない(資源用ゴミ袋として使えるか否か)
  ・不透明の中でも 無地 or 文字や柄入り(外出先で使えるか否か)


スーパーの袋 収納
別の日に撮った画像なので、中身の袋が最初の画像と少し違います

大中小の中でも微妙にサイズが違うのも見てすぐわかるように、
畳み方を全て統一しています。
(縦に四つ折りの後、横に四つ折り→さらにそれを二つ折り)

「無地」「文字や絵柄が入っている」かがわかるように、
文字や柄が入っている方を表にしています。


半透明かどうかは見ればわかるので、この区別はしていません。

不透明なレジ袋で、かつ色が濃い袋は、スチールシェルフの上のカゴに
そのまま入れっぱなしです。滅多にありませんが、中身を見せたくないモノを
捨てる時に使っています。


仕舞う(戻す)時は、その手順が決まっていれば迷うことはありませんが、
使う時に、パッと見でわからないと、迷いが生じます。


この迷う時間が私は好きではないので、収納方法を変えてから
2週間以上(※)経っても、見てすぐにわからない(探せない)場合は
収納の見直しを考え始めます。


※収納方法を変えてすぐは、ただ単に慣れないという理由の場合もあるので、
 基本的に2週間は待ちます。でも、あまりにも良い方法が思いついた場合は
 すぐに変更することもあります。


参考になりましたらクリック頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

お手数でなければ、こちらもクリックお願いします♪



フォロー・いいね歓迎いたします




最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 ライフオーガナイザー的 住空間の使いこなし方~


関連記事
スポンサーサイト
コメント
うわ~美し過ぎ収納です(*^_^*)

まだ、書類整理続いております(笑)
明日は、レジ袋、ちょっとやってみますねー♪
>LeLehuno さん
コメントありがとうございます♪

お褒め頂き…恐縮です。ありがとう!

書類整理って、結構時間かかりますよね。
近々、取説管理のこと書きますね!

レジ袋。かなり使い勝手よいです。
正反対の右右ですが、参考になったかしら?笑


管理者のみに表示