【CHANTO 2016年4月号】に掲載して頂きました

2016.03.23.Wed
ご報告が大変遅くなってしまいましたが…

 3月7日発売

現在発売中のCHANTO 4月号(主婦と生活社)の『収納アイテムとことん活用術!』に掲載して頂きました。

CHANTO 4月号 収納

特集は、98~126ページです。
その中の、無印良品とseriaの活用術に載ってます(^^)

CHANTO 4月号 収納特集 掲載

画像は掲載の一部です。
(メールボックスと水杉バスケットは実際に我が家で使用しているわけではなく、活用の提案になります)


今回担当してくださった編集の方が、
「読者の方が『私には無理…』と、
落ち込まないページ作りをしたい!」

と、おっしゃっていたのがとても印象的でした。

私も大変共感します。
きれい・スッキリだけに目がいくと、
「私には無理…」と思ってしまう方も
中にはいらっしゃるかもしれません。

そこで諦めてほしくないので、私は
各々の収納方法に行き着いた経緯等、
できるだけ書くようにしています。

意図することが違えば、その収納は
合っていない可能性があります
ので
ご注意くださいね。


話は戻って…。今回の取材の際に、
「収納グッズとはどのような存在?」
という質問がありました。

私にとって、収納グッズとは…

日々の家事・雑事を滞りなく行う
仕組みを作るために欠かせない存在。


(収納グッズを必要としないほど物を減らすのはなかなか難しいと思いますので…)

そして、
日々の暮らしを快適にするモノ。
でも、選び方ひとつで、快適度を
大きく左右させる(難しい)存在でも
ある
と私は考えます。


じっくり見て読んで、本当に自分達に
合っているのかを見極めて、新しい
アイテムを購入されてくださいね。

 ほぼ1冊まるごと時短収納スペシャル号


4月下旬以降募集再開予定
現在、新規のお客様募集は一時休止中です。
(継続のお客様は日程調整可能です♪)


☆ランキングに参加しています☆
↓下記画像をクリック頂けますと更新の励みになり嬉しいです

片づけ作業 名古屋

片付け作業の際の昼食は
おにぎり2個+小さいおかず。

娘に作ったおにぎりの余り海苔を使ったら、
みすぼらしくなった…(^^;


こちらも押して頂けると嬉しいです♪



フォロー・シェア歓迎いたします!



最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
掲載おめでとうございます。
やはりお仕事が繋がっていくのですね♪
私の活動圏内の本屋さんにはこの雑誌が見当たらなくて、残念。
『私には無理…』と、落ち込まないページ作り
そういう感覚に配慮するのを聞きますね。
すごくデリケートな問題になってるんだなーと思います。

インドの紀行と予防接種記事もたいへん興味深く読みました。
ありがとうございます。
一昨年でしたか、
『めぐり逢わせのお弁当』というインド映画と
『聖者たちの食卓』というインドの大寺院の
毎日のカレーの炊き出しのドキュメンタリー映画を見て
強い印象を受けたのを鮮烈に覚えていますが
私自身は多分旅する機会を持てそうにないと思うので‥‥

そして今回のコルカタ事故。
地名が違ったし、
記事もアップしてらっしゃるので
ご主人も関係者の方も影響はなかったのだろうと
勝手に安堵しました。
あとは救出が進むのを祈るしかできませんが‥‥

それから
身の安全を守るために必要なあらゆることを
教えてあげてくださいね。
朝霞市の事件報道に胸が塞がって塞がって、
ため息ついています。



>93さんへ
93さん、ありがとうございます(^^)
お仕事、繋がっていくといいなーと思います☆

『そういう風に考えれば、私にもできそう!』と思ってもらえるようなブログを書いていきたいです。

インド。私が見たのはほんの一部ですが、
少しだけでも感じることはできたかなと思います。
旦那は南インドも東も西も行っているので、
景色や環境がまた違うことをよく聞きます。

ちなみに、娘はクラクションがうるさかったみたいで、
もう行きたくないと言っていました。笑
でもドイツへはまた行きたいようです。

お弁当のインド映画。気になっていましたが、
すっかり映画館やDVDから遠のいてしまい…
年に1度、娘とアニメを見に行くくらいになりました(^^;

ご心配ありがとうございます。
グルガオン在住ですが、知らぬ間にインド国内出張していることはよくあるので、私も彼からのメールで安心しています。

身の安全。
私自身、小学2年生の時にこわい思いをしたことがあるので、
その話もしつつ、あらゆるパターンを折を見て話しています。
最近は防犯ドラマのようなのもあり、それも一緒に見ました。
優しそうなお兄さんが、かわいい犬の写真を見せて「犬を探すのを手伝って」と言って空き家の方へ…という話で、、ありそうでこわいです。

管理者のみに表示