探し物がしにくい引き出しって?

2014.08.09.Sat
先月、母の家へ行った時、不要な書類の見直し(必要なモノだけ残す)を少しして、
タンスの引き出し1ヶ所だけ整えてきました。

探し物がしにくい引き出しの典型!?

DSCF2852.jpg

1番上の層しか見渡せず、それ以外のモノは、上のモノをめくったり、
どかしたりしながら探し物にとても時間のかかる引き出し。

全部出さないと探し物が見つからないこともあり、ここにあるかないかも
確信の持てない引き出し。


DSCF2852.jpg

今回、この引き出しの中から処分したモノは、母手作りのオーブントースター用の布カバー。
(トースターは買い替えたため、サイズが合わず、カバーは特殊な形にもかかわらず取ってあった)

畳んで立てて季節外のモノは奥へ移動
仲間(同じ種類)同士はかためました

DSCF2854_.jpg

仕切り用の箱はポケットティッシュ用に1個だけ使用。

滅多に使わないけど数がたくさんあり、でも処分できない巾着類は
大きい巾着に小さいサイズの巾着を入れて、ひとつにまとめました。

「わ~ 見やすくなった~」と、言ってもらえました。

母の場合は、畳んで立てるという行為を難なくできる人なので
これで維持できると思われます。


母は、探し物がしやすい(全体を見渡せる)引き出しの作り方を
知らないだけ
なのです。


このタンスは使いやすい場所に置いてあり、引き出しも取り出しやすい高さ。
にもかかわらず、さほど使用頻度の高いモノが入っていなかったので、
(今は元気だけど、今後のために)部屋全体の見直しが必要なようです。



☆ランキングに参加しています☆
↓応援クリック頂けますと更新の励みになり大変嬉しいです!
0000636679.jpg

先日、旦那がドイツ出張土産として娘に買ってきてくれたらしいチョコレート。
鞄に入れたまま、次の出張先へ持っていってしまい、結局彼のお腹の中へ…。
写真だけ送ってきてくれました。笑



こちらも押して頂けるとさらに嬉しいです♪
(安全なサイトが開きます)




フォロー・いいね歓迎いたします!




最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 ライフオーガナイザー的 住空間の使いこなし方~


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示