幼稚園のコップ袋とランチョンマットは超なんちゃってハンドメイド

2014.03.06.Thu
不器用なくせに、自分で作るとなると、縫い目が真っ直ぐでなかったり布を合わせた部分の
柄がずれてたりするとどうしても気になって、何度でもやり直してしまう。
そんな疲れる過去の自分を客観的に見ることがやっとできるようになり、1年前の娘の入園準備は
自宅にあるモノでまかなえればそれを使い、幼稚園の用品購入で買えるモノは買いました。

とはいえ、全て市販品を使うのも、なんだかな~という気分になってしまう。
そんないろんな意味で面倒くさい私の、超なんちゃってハンドメイドコップ袋とランチョンマットがこれ。

幼稚園 コップ袋
ランチョンマットの端をミシンで真っ直ぐ縫うことさえも放棄


コップ袋本体は市販品無印良品のコップ袋(マチ付)です。

無印良品 コップ袋 1年前の写真発見

紐ではなく、子供が入れやすい丸ゴムがオススメ…との園からのアドバイスがあったので、
付属の紐を取り、入れ替えました。
普通のゴムでは(ただでさえ市販品なのに)可愛げない気がしたので毛糸のゴム紐を使いました。
 ↓こういう感じの… 白色


そして、フロッキーネーム(ブラック系)を付けました。(残りの一部は靴下に使用)

 3月15日に頼んだのんびり母さん

幼稚園 ランチョンマット

ランチョンマットは食器拭きに使っていた(けどキレイだった)キッチンクロスを横流し。
グリーンのラインのモノとこの青のチェックと「どっちがいい?」と娘に聞いてから決めました。

なぜキッチンクロスなのかというと…

・これを4分の1にすると、だいたい指定の大きさだったから。
・柄の線を利用すればそれなりに真っ直ぐ切れるから。(採寸、線引き不要)
・縫わなくてはいけない4ヶ所のどこか1ヶ所はすでに縫われているのを利用できるから。


書き出してみるとどれだけ面倒くさがり屋なんだと自分でもびっくりですが、
それでも母が作ったのだという証を残したかったようです。
(今振り返ると買ってもよかったのでは?と思ったり思わなかったり…複雑な母心です)

娘の名前は愛用のラベルライター「ピータッチ」の布テープでアイロンプリント。
まったく剥がれません!

名前の枠をお食事仕様のマーク入りにしたら、とても喜んでくれました。
こういうマークひとつでも喜んでくれるので、嬉しい限りです。


☆ブログランキングに参加しています☆ (1日1回応援クリックが反映されます)
↓お手数おかけしますが、ポチッとお願い致します。 携帯の方はこちらをクリック

ブログランキング・にほんブログ村へ




フォロー歓迎いたします



最後までお読み頂き、ありがとうございます。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 ライフオーガナイザー的 住空間の使いこなし方~


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示