真冬でも布団1枚でOKな理由

2014.02.16.Sun
2月半ばの寒さマックスな今の時期でも、毛布は使っていません。
(あくまで、愛知県名古屋市在住者の話です)

まず、寝る前に寝室を暖めておきます。
そして、電子レンジで「レンジでゆたぽん」と「あずきのチカラ目元用×2個」を温め
布団の足元あたりに入れておきます。(あずきのちからに関する記事はこちら
この時、目元用のあずきのチカラをゆたぽんのカバーの中に私は一緒に入れてしまいます。
→寝る時に、あずきのちからを出します。

     

ベッドが窓の近くにあるため、肩はさすがに冷えるので、12月に記事にしたこちらのナイトガウンを
寝る時に脱いで、ガウンの一部分を肩のあたりになんとな~く掛けて寝ています。



気持ちよく寝つくためには、足元と肩を冷やさないことが重要と思いますが、
これだけで朝まで暖かく眠れるのは、布団の力が大きいように思います。
(靴下はお風呂上り~寝る前まで履いています)

私の布団は、無印良品のポーランド産たっぷり羽毛ふんわりつつみこむ掛ふとん
(セミダブルベッドですが、この布団はケチってシングルサイズにしました:笑)
購入したのは、2011年の11月。3回目の冬を越しているところです。


年会費永久無料(ETCカードも無料なので私も使ってます)


この布団を購入して最初の冬は、敷き毛布も掛け毛布も使っていました。
でも、毎日寝汗をかき、むしろ朝は寒いという事態によくおちいっていました。
しかも、パジャマの下にインナー用のタートルまで着ていました。
 こんな感じのです。持っていたのは無地で違う商品ですが…。

この布団を使う前から、ずっと羽毛ふとんだったので、その頃は同じ状態で寝ていても
寝汗をかくことはなかったので、何かの病気か年齢のせいかとも最初は考えましたが、
布団が暖かくなったのが原因(ただの厚着)だと気付きました。
今はお腹が冷えないように、タンクトップだけパジャマの下に着ています。

本当は、マダムワトソンのポーランド・マズーリ湖地方産マザーホワイトグースのダウンを使用した
羽毛ふとん
が欲しかったのですが、お値段に手が届かず…。(彼に言うことさえできなかった:笑)
無印良品の羽毛ふとんはフランス産のもあるのですが、ポーランド産にしたのはこちらの影響が大きいです。



カジュアルな雰囲気の方が落ちつく私ですが、寝室周りに対する価値観が覆された本です。
著者とは生活環境が違うし、彼女の顧客とは生活レベルが違うようなので、実現できないことばかり
ですが、良い意味で影響を受けました。(お客様用スリッパを毎回洗うようになったとか…笑)

この本の中に、冬のための羽毛ふとん・3つの質問があり、ひとつでもチェックがあったら、
その羽毛ふとんは機能を果たしていません、とありました。
今まで使っていた羽毛ふとんはまさに機能を果たしていない羽毛ふとんばかりでした。

 □ 一番寒い季節に羽毛ふとん1枚ではとても寒くて眠れない。
 □ 羽毛ふとんを触ると、芯のようなものにふれる。
 □ 柄物で中が見えない。ごわごわする。

発売直後に本屋で見かけて購入後、一度手放してしまったのですが
「やはり手元に置いておきたい」と思い、著者の木村さんのイラストをお願いして再購入しました。

シンプル&ラクジュアリーに暮らす 残念ながら現実とはほど遠いですが…

出産予定の約1ヶ月前に届きました。
イラストを見て感激し号泣…。
涙もろい妊婦です。笑

これを見ると、赤ちゃんに美しい空気って大事よね~としみじみ思った記憶もよみがえります。



☆ランキングに参加しています☆
↓読んだよ~のクリック頂けると、とーっても嬉しいです♪ 携帯の方はこちらをクリック♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも押して頂けるとさらに嬉しいです♪



フォロー・いいね歓迎いたします



最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 ライフオーガナイザー的 住空間の使いこなし方~


関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
こんにちは~
バリバリ電気毛布派な我が家です。
でも体が弱くなるそうなんですよね。
ゆたぽんとかにしてみようかなぁ
ウルズさんへ
こんにちは。

電気毛布、そうなんですね~。

以前、お湯を入れる湯たんぽにチャレンジしてみましたが、
どうしてもキャップが開いたらコワイと思ってしまい挫折しました。笑

電気毛布の威力にはかないませんが、ゆたぽんは楽チンですよ♪

管理者のみに表示