捨てられないモノに対する思い込み

2014.02.06.Thu
よく、捨てるモノなんてもう無さそうと言われますが…

実は私も、不要な(自分の)モノは自宅にはもうないと思っていましたが…

まだまだありました。本日洋服編。(今年に入ってから処分した分)

まずは、他人から見たらあきらかに捨ての対象となりそうな服。

捨てたモノ

10数年以上前のユニクロのパーカー。
着心地良く、着た時のラインも気に入っていて、こんな状態になっても、部屋着として大活躍していました。

でも…

クローゼットに掛かっているのを見る度に、「これはもう捨て時では?」
袖をまくろうと手元を見ると、「よれよれでカッコ悪いー」
鏡を見ると、汚れに目がいき「うわぁー、私ってイケてなさ過ぎ!」と思いつつも

「まっいっかー」

で、いつものようにクローゼットに仕舞われ、いつものようにまた袖を通す…。
ということを繰り返していました。

でもやっぱりテンションが下がる。
この服を着ている自分がどうにも好きになれない。
しかも最近着用頻度が低くなっているような…。(大活躍していたのはすでに過去の話?)

部屋着が多いわけではないので、これがなくなると着る服に困ると思っていたのですが、

「本当にそうか?(基本的に)毎日洗濯しているのに本当に困るのか?

自分に何度も問いかけてみると、本当に困ると言い切れる自信がありません。
実際に処分する前に、このパーカーを着ないで部屋着のローテーションに不便がないかを
確かめてみました。

  ↓

全く問題ありませんでした。ただの思い込みだったようです。

最近は、外出着を(外出前後共に)部屋着として着ていることが多く、
下だけ部屋着という生活スタイルになっていたのに、以前の記憶のまま
捨てられない理由の思い込みのひとつとなっていたようです。

この思い込みがなくなったことにより、
他に3枚処分することができました。(全て部屋着)

断捨離

1枚くらい(まっいっかー)…という軽い気持ちで取っておくと、
同じ理由(ノリ)で取っておこうとするモノが増えます



それからもう1枚。
喪服のワンピースとセットになっていたボレロ。

捨てる基準

購入したのは約20年前。
ワンピースは4年前の父の葬儀でも着用しましたが、
ボレロを着たのはこのセットを購入してすぐの最初の1回だけだったような…。
肩パッドが入っているので、絶対今は着ません。
肩パッドを取ろうかとも考えましたが、そこまでして着たいとも思いませんし、
肌寒い日はストールを羽織っているので、なくても困りません。

セットで購入したので、何の疑問も持たず今まで当たり前に一緒に保管されていましたが
処分した今となっては、なぜ着ていないにもかかわらず取っておいたのか不思議でなりません。
セットになったモノは一緒に…という思い込みなのでしょうか?


「捨てられないモノに対する思い込みには、疑問を持とう」

今回の教訓でした。


☆ランキングに参加しています☆
↓応援クリック頂けると、毎日更新(水ぼうそうより復活!)の励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

子育てスタイル


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示