家の中で子供を守りたくて買い替えたモノ

2014.01.18.Sat
今の家に引っ越してきた頃、娘はまだ生後4ヶ月でした。
当時の娘は、ベビーベッドの中で1日の大半を過ごす生活。

そして成長と共にベビーベッドで過ごす時間は寝る時だけに…
その頃に買い替えたのがダイニングスペースのペンダントライト。
(ダイニングスペースであって、残念ながらテーブルの真上には無い)

ライト 地震 ひとり暮らし時代、寝室で使っていたライト
(3年前の写真です)

 違う商品ですがこういうのです

これを、無印良品のLEDシリコーンペンダントライト3灯タイプに変えました。
(2016春現在は1灯タイプしかないようです)
家の耐震
シリコン製に気付くと珍しがられ褒められるライトです

リビング側は始めからシーリングライト(部屋が広く見えるから好き)にしていたので
そちらは安心していたのですが、ガラスのペンダントライトの方がずっと気がかりでした。

ペンダントタイプなので、もし地震がきたら振り子のように揺れて
勢いあまって天井にぶつかり割れる可能性は高い。


インテリアのことだけを考えて、いざという時に娘にケガをさせて
後悔するような状況にはしたくないしなってほしくない。

とはいえ、見た目はなんでもいいというわけではなく…

そこで出合ったのが、このペンダントライトでした。

その後、私の部屋のライトも買い替え。
守るべきは娘ですが、守るためには私がケガをするわけにはいけません。

同じく無印良品のLED木製シーリングライト(廃盤商品)にしました。
シーリングライトにしたおかげで、場所を選ばず思い切り腕を上に伸ばすことができて
気持ちがいいです。

以前のモノはガラスシェード付のライトが3灯のタイプでした。
(ひとり暮らし時代、リビングで使用)

ガラスライト
友人達が引っ越し祝いのサプライズ風船パーティを開いてくれた時の写真
(ライトが写ってるのがこれしかなかった)


彼の部屋の電気は彼がひとり暮らしの時に使っていたプラスチック製のでしたが
そちらもシーリングライトに変更。
布団を畳む時や布団カバーを変える時など
こちらも思い切り手を上に挙げることができ快適になりました。

ちなみに、彼の部屋のシーリングライトはニトリにて購入。
彼は「インテリアにお金はかけない」という人なので、彼の価値観も尊重してます。笑


☆ランキングに参加しています☆
いつも本当にありがとうございます! お手数おかけしますが今日も画像をポチッとお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらも押して頂けるとさらに嬉しいです♪



フォロー・いいね歓迎いたします




最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 ライフオーガナイザー的 住空間の使いこなし方~


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示