【小1(新2年)女子、マッチを擦ることに挑戦】

2017.04.07.Fri
新年度が始まりましたね。(1週間前に)

今日は始業式(名古屋市)。
娘は小学2年生になりました。

春休みは恒例のスケート教室
加えて、テニス教室へも参加。
(娘の希望です)

どちらも3日間だけの超短期ですが、
参加し体験すること、そして
新しい動きを体感することに
意味があると思っています☆

初めてのテニス教室。
何が1番楽しかったかと聞くと、
「ボール拾い♪」

大人(私)にはありえない発想。笑


さて、春休みの初体験もうひとつ。
マッチ 子供

すっかり忘れていました。
マッチを付ける経験をさせること…。

算数で、棒を使った問題を
見かけて、マッチ棒のことを
思い出しました。

問題を考えるのにも使えるし、
マッチを擦る練習にもなるし、、
と、先日購入。
(災害用のロウソクと共にマッチは別に置いてあります)

マッチ 有害

最近のマッチは健康志向のようで
助かります。(でも消した時のニオイはします)


まずは見本を見せる
 ↓
マッチ棒と箱の持ち方を教える
(火が点いた時の指の向きなども!)
 ↓
擦っても火が点かない面で練習
(火が点いた時の指の向きも一緒に)
 ↓
本番


力加減については、、
弱すぎるとマッチに火が点かないし、
強すぎるとマッチ棒が折れて危ない。

という説明をしつつ、
とりあえず、やらせてみました。


小学生 マッチ
(上記は初めてやろうとした時の写真ではありません)


やる前、灰皿代わりの天板の周りに
紙類が置かれていましたが、

「燃えると危ないから全部どかして~~~!」

と、正しい指摘をうけました。ビビった声で。笑

初めてのマッチ擦り。
ドキドキしながらのせいか、力が
弱すぎてなかなか火が点きません。

結局、成功したのは5回目のこと

1度できたら嬉しかったらしく、
「もう1回やる!」「もう1回!」
となり、結局4本やって、
あとは翌日ということに…。

マッチ いつから 小学生

翌朝、「パパ見て~」と誇らしげにマッチを擦って見せていました。
ちょっと大人の仲間入り!?笑


興味だけで使うにはとても怖い、
火を点ける道具。

(こんなにカワイイのもあるけど…)



マッチを付ける練習(体験)を
早めにさせたかったのには
理由があります。
(ちょっと忘れていたけど…苦笑)


(うろ覚えではありますが…)
私の兄が昔、両親不在の時に
火遊びをして自宅のすぐ裏(※)
雑草を燃やした
、という記憶があるから。

※火が点いてびっくりして窓から投げ捨てた

家に置いてある物なのに、親に
触らせてもらえなかったから、
こっそり使ったということ…。

「危険を教えて安全に使わせる」
ことが大事だと思うのです。
包丁同様。

とはいえ、今どきは家にマッチが
無い家庭も多いと思うので、
心配はあまりないかもしれませんが、
ライターにもお気を付けください(^^)


マッチを使わない世の中になって
きているのだから、たとえマッチを
使えなくても困ることはさほどない。

でも、マッチが世の中から無くなった
わけではないので、教えておきたい…
と思うことのひとつです。

公衆電話の使い方と共に
非常時には役に立つモノだから
という意図もあっての今回のこと。


ちなみに、こんな調査結果報告(2015年5月)あります。

●(あなたの小学生のお子さんは)マッチで火をつけることができる

 「できる」18.1% 「できない」13.1% 「やらせたことがない」68.8%
 (20年前 「できる」58.9% 「できない」15.4% 「やらせたことがない」25.8%)



誕生日ケーキのロウソクは
チャッカマンで点けていますが、
今年は娘にマッチで点けさせようかな…。
(40代の私の歳の数だけロウソクは危険なのでやめました。苦笑)


マッチ棒パズル 問題集トランプ



このトランプ、絶対見にくいと思う。笑


私(森麻紀)へのお問い合わせはこちら
(現在、新規のお客様募集は一時休止中です。個別相談のみ可。)



フォロー・シェア歓迎いたします
※面識のある方は遠慮なく友達申請してください♪


最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


関連記事
スポンサーサイト
 | HOME |