【鉛筆削りを無くした!? 小学生、自分で削る…の巻】

2017.06.12.Mon
娘(小2)が自宅で使っているのは
「くもんのこどもえんぴつ」

  

太めの三角えんぴつです。
これが無くなれば普通の細さへ移行…。


この鉛筆専用の鉛筆削り
というのがあります。
それが、こちら。

 赤もあります

細いのと、太いの、両方が削れる。

学校では細い鉛筆を使っているため、
1年生の終わり頃、
これを学校に持って行った娘。

見事に 紛失っ!!

今さら買うのも、なんだかな~

で、思いついたのが、カッターで鉛筆を削ること♪

以前記事にしたマッチを擦ることもですが、
カッターで鉛筆を削ることも
覚えて欲しいことのひとつでした。

すっかり忘れていましたが…(^^;

幼稚園の頃から、カッターは私が
見ている前で使わせてはいましたが、
鉛筆は硬い…。

持ち方や角度の話やらした上で、
なんとかいびつながらも削れるように…。

鉛筆を削る 小学生 カッター

カッターで鉛筆を削れることが
面白かったらしく、数日間
ブームは続きました。。
(無駄に削る…汗)


そんな娘っこ…。
少し前に、メルちゃんを手放しました。
メルちゃん 処分
近所のお友達の妹さんへ…(^^)

ちなみに、メルちゃんは
5歳の誕生日プレゼントの
リクエストでした☆

◎関連記事◎
【プレゼントのおもちゃにすぐ飽きる子供…その理由と対策】




私(森麻紀)へのお問い合わせはこちら
(現在、新規のお客様募集は一時休止中です。個別相談及び継続・ご紹介の方のみ対応させて頂いてます)

インスタ バナー【インスタグラム始めました】の記事はこちら★


フォロー・シェア歓迎いたします
※面識のある方は遠慮なく友達申請してください♪


最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


関連記事
スポンサーサイト

ハーフティッシュを作ってみた。そして、使ってみた。

2013.10.30.Wed
通常サイズのティッシュケースを置くのが難しい場所用に、
以前から気になっていたハーフティッシュを作ってみました。

ネットで検索すると、包丁で切る・カッターで切る、という方法もありましたが、
ちょっと試してみたら我が家の包丁やカッターでは無理そうだったので、
地道にハサミで切りました。

ハーフティッシュ

あまりに面倒な作業で、途中で挫折しそうになりましたが、1箱分カット。
こんな面倒な作業、私には続かないと、さっさと悟りました。

そして、使ってみて思ったのが、我が家ではあまり節約にならないということ。
通常サイズだと1枚でよさそうな状況でも、ハーフティッシュだと重ねても
薄くて小さいので、通常サイズ換算1枚半~2枚使うという結果に…。

もちろん、用途によっては半分で十分な場合もあるけど、
プラスマイナスゼロになる可能性もあるわりに、手間がかかり過ぎる…。
やっぱり(私には)無い。今回限りでやめることに決定。

でもずっと気になっていた方法なので、やってみてスッキリ
自分には(我が家には)合わないこともわかったのでよかったです。

ハーフティッシュ
詰替えティッシュ・ハーフサイズ 1箱(1000組入)


ネピア ティシュー 50Wハーフ×5箱

最初からハーフサイズになっている商品を買うことも考えましたが
通常サイズより割高になってしまうので却下。
(会社の机など、どうしてもスペースが限られている場所にはいいかも)

ちなみに、置きたかった場所には、別の方法で通常サイズのティッシュケースを
置くことができました。

>>こちら 『子供も届く洗面所のティッシュケース置き場』


↓画像をクリックして頂けると毎日更新の励みになり嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらも押して頂けるとさらに嬉しいです♪



フォロー・いいね歓迎いたします



最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 ライフオーガナイザー的 住空間の使いこなし方~


関連記事
 | HOME |